2008年11月28日

ダンダリアンの書架  

dandarian01.jpg
ダンダリアンの書架
著:三雲岳斗
角川スニーカー文庫

んー、なんだか個人的な意見とは裏腹に結構評価が高いみたい・・・

実は買うかどうするか結構迷ったんだけど三雲先生の作品なら少なくともハズレって事は無かろうと思い購入。
正直な所、僕としてはなんかちょっと三雲先生手ェ抜いてるんじゃない?と思った。或いは、手を抜いているとは言わないけど全力じゃないよね?って感じでしょうか。三雲岳斗ならもっと面白い作品が作れるハズだろう?って感じがしてしまうんだよね。まあこれは僕の好きな作家に対する贔屓目なのかもしれんけど

でもやっぱダリアンの性格がテンプレ過ぎる気がするんだよなぁ・・・こんなもんか?

テイストはアスラクライン辺りと比べるとかなりローテンションな作品
初期の頃の三雲作品ってこんなだったなと。アースリバースとか海底密室みたいな、中途半端(?)にダークというか暗いイメージの作品でニュートラルな心理状態で読まないと楽しめない作品かも

短編構成なのはかなり正解なんじゃないでしょうか
テンポ良く進むんで厚みがあんまない文庫なのに結構ボリュームを感じたりして不思議。

主人公たちの幻書にたいする姿勢もちょっと変わってるかな。基本的に期限までに幻書を返してくれればどう扱おうが借りた者の自由。というスタンスは見ていて結構面白いかも。主人公たちがこんなスタンスで幻書回収しているのにちゃんと話が纏まるのはスゲーなと単純に思うわ

第五話で本来の主人公たちと真逆の位置に立つ焚書官を視点とした話なんてのが出てくる辺りは、やっぱ他の作家さんとは違う所だと思う。毎巻最後だけ焚書官シリーズで行くのかと予想。コッチの方が世界観に厚みが出たり短編の利点が効いてて良いんじゃなかろうかと、あえて文庫で別けない所がスバラシイと思う

所で、幻書とか出てくるとデモンベインを思い出すのは私だけではないはずだと思いたい。なぜかセラエノ断章とかが頭をよぎります。いあ!いあ!はすたあ!(叫

んで、久しぶりにビブリオマニアなんて言葉を聞いたので
それだけでちょっとニヤニヤしてしまった(笑)
posted by 都築恭也 at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月25日

ひとり反省会。  

某SNSでキャンプやります宣言して西湖へ行ったわけですが、○○辺にいます。ぐらいで以後は書き込まない方が良かったかなと、書き込みをした後から物凄い後悔してて、ひとり反省会(笑)

なんと言いますか、後の方の発言は放置民らしい発言じゃないよなーと思うわけですよ。全然放置してないジャン!と

例えば、夜暗くて判らなかったためにソロキャンプしたものの
翌朝テントを出てみれば、となりでキャンプしてたのが知り合いでした。みたいなのが放置民なんじゃなかろうかと

んー、ここいら辺の距離の取り方がちと難しいかなあ
あんま深く考えても仕方のないことなんだけど(笑)
posted by 都築恭也 at 22:07 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月24日

連休中のハナシ  

ちっと西湖までキャンプしに行ってきた。
ここ数ヶ月ぐらいでキャンプ増えてるけど、たぶんそういう時期なんだと思う
来年は何回やることになるか見当も付かん・・・^^;

なんかデータが全部死んでるっぽい風味で、写真なしなのですゴメンナサイ

とりあえず、今回の目論見は寝袋ULダウンハガー#2の耐寒テスト、新しいアイテムの使用感と次回持って行くアイテムの取捨選択。昼間はツーリング予定。ってな感じで行ったんですが

この時期の西湖侮ってました orz
滅茶苦茶寒いでやんの・・・

朝方とかマイナスなのな
起きてテント見たら真っ白に凍り付いてたりして僕の予想を遙かに超えた世界でした。んで、長袖のシャツで寝袋入るともう無理みたい。夜中に結構寒くて何度か起きました^^;
しかも余裕だろうと思ってたんでフリースとか持って行かず、中途半端に寒い思いしつつ寝る羽目になったり・・・
なんかね、こんなに早く#2で限界が来ると思ってなかったので、ちょっと驚いた。
年末年始辺りで再度やるのを前提に少し着る物とか寝るときの装備を考えた方がよさげ

次回要らないモノについては結構決まりました。
もうタープとか持つの止めようかと、基本的に使わないし
後、プリムス2245とスノピの「焚」も封印。リアクターストーブも寒すぎるので3月辺りまでキャンプには使わないかもしれん。元々ツーリング用品なんでいいんだけどさ、なんか単一の機能しかないのはキャンプではちとツライ気がする。他、キャンドルランタンも止めようかと
ドラゴンテイルだとランタンの火が中からは判らないんだよね・・・ガイラインも使わないのでつり下げる所もないし

新しい装備は2つぐらい?

>ブラックダイヤモンド「スポット」
集中光と拡散光の広がりが殆ど同じって所に納得がいかない物の、単4電池が使えてこの明るさならいいかなーと思ってたり・・・今までヘッドライトとか額の周りがうっとおしいの嫌で使わなかったんですが、使ってみるともう離せない装備かも・・・特に夜の料理では絶大な威力があるカモ、お陰で生っぽいニクを食べなくて済むようになったカモ(笑)
灯り自体はかなり明るくて良い感じ。プリムスの2245とキャンドルランタンが要らないと言えるようになったのもコイツのお陰と言ってもおかしくない。それぐらい違う

>ヨガマット
楽天で1200円ぐらいで購入
赤を買ったつもりだったけど実際には「ぶどう色」でかなり微妙w
特に、たたんでも小さくならないんで鞄の外に縛ってる。これがまた怪しいことこの上なく困ってたり・・・
そのかわり使い勝手は最高。テントマットとして使用。絶妙な弾力性が下のゴツゴツ感を緩和してくれてて、テントのなかでゴロゴロしたくなってくるw


で、
ドラゴンテイルなんですけど
ちょっと判ったのは、コレ
最初から結露するのが勘定に入っててこの形なのかも・・・

意味判らないでしょうけど、このテント
日が出て30分もすると自然と結露も蒸発して消えるんだよね
多分色がオレンジとか比較的暖まりやすい色なのと、ダブルウォールと違ってテント室内全部使って空気を循環させるんで早く蒸発するんじゃないかと

普通は本体とフライの間しか隙間が無いわけで、そういう点でアドバンテージがあるのかなー、と

後、今回はやらなかったけど、もしかしたら上記の件を踏まえて夜寒かったらベンチレーションは閉じちゃっていいのかも・・・今まで結露を少しでも防ぐためにベンチレーションも開けたまま寝てたんだけど、正直これからの季節には辛いので結露してもスグ乾くのを前提にしてるなら一晩分は結露させてしまって翌朝スグに乾かす。って方が良いのかも・・・と
ここいら辺は次回試したいかな
posted by 都築恭也 at 23:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月19日

えーと、  

田中久仁彦画集【龍骨】

もう既に価格が倍になってるんですが・・・ orz

まだ買えてません。というか本屋に全然行ってません
Amazonのコメント見る限り、後2冊画集が連続で出るみたい

とはいえ、僕が欲しいのは<卵王子>の絵だけなのでコレ1冊で済みそうなんですけど
本屋に行った頃にはなくなってそうですね(汗)

画集は1度買い逃すと大抵再版されないしで手に入れられないのがツライですね。
そういえばイエスタデイをうたって画集も出てたりして死ねる orz
posted by 都築恭也 at 22:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月13日

そろそろ打ち止めです。  

MSR_REACTOR02.jpg
そんな感じにMSRリアクターストーブ購入。
もうそろそろ金銭的に限界(^^;
つーか、明らかに使いすぎてるよ、俺!

完全に装備をもう一揃えしたような状況に・・・


日本未発売ですが既にアッチコッチのサイトで紹介されてるんで
詳しい商品説明は省きたいと思います(^^;

とりあえず大きさ比較だけ


MSR_REACTOR01.jpg

MSR_REACTOR03.jpg
左がスノーピークの「焚」です。
大体直径が1.3〜1.5倍ぐらいの大きさですかね
最大で1.5リットルの水を入れることが出来るみたい

一応、今まで使ってたスノーピーク「地」の代わりのつもりなんですけど
お湯を沸かすだけにしては豪華すぎるカモ
こんだけデカいなら単体で「おでん」とかできそうな感じ、そんぐらい大きい
煮込み系の料理とかスープを大量に作ったりとか面白そう
いや、一人じゃ後が大変だけど(主に胃が・笑)

というかですね
物凄い熱量なので簡易ストーブで十分使えそう。
高効率で燃費も良いんダロ?みたいな。一酸化中毒に気をつけないといけないけどね

次から日帰りツーリングのお供もコイツに鞍替え予定。
燃費が良くなって短時間で昼飯の準備できるなら、まあいいかなーと
posted by 都築恭也 at 20:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 道具

2008年11月12日

ソフトバンク商法。  

『神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS(1)』11月15日発売!
http://www.polyphonica.tv/news/index.html

                |
                |
                |
                |
     /V\        ,J
    /◎;;;,;,,,,ヽ
 _ ム::::(;;゚Д゚)::| ジー
ヽツ.(ノ::::::::::.:::::.:..|)
  ヾソ:::::::::::::::::.:ノ
   ` ー U'"U'


そろそろ俺のために優待版が出てもいい頃。
posted by 都築恭也 at 23:23 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月12日

紅 kure-nai 2巻  

kurenai_comics02.jpg
紅 kure-nai 2
ジャンプコミック

1巻の時は気づかなかったけど
原作・漫画の他に脚本・コンテ構成とかなんかゴチャゴチャしてるんだけど
必要なのか?まあ必要なのかもしれんけど・・・

内容の方は、オリジナル半分と小説版の第一巻分の話が途中まで収録。
結構いいペースなんで2,3年で本編に追いつくんじゃ無かろうかと思わなくもない


kurenai_comics02_01.jpg
絵が慣れてきたのか1巻と比べても変わってきた気がする
段々コミカルな絵柄とリアル系の真面目な絵柄の境目が薄くなってきた
posted by 都築恭也 at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月11日

やわらか果実ゲットー  

omahima_04.jpg
著:的良みらん
角川コミックス

って大丈夫なの?
本当に大丈夫なの?!

コレ少年誌だよ?
なんで発禁処分にならないの?

そんな、こんなで猫侍4巻買ってきた。
なんかちょっと緋鞠の絵が変わったよーな気が・・・
んー、髪型がちっと違うんジャマイカ

なんか最近はキャンプ系の話に偏ってたので
もう一度オタク系の話に賽を振り直すぜ!w


omahima04_01.gif
ピーッって先生、伏せれてないよ!全然伏せれてないよ!!
先生公認かよ、そりゃあ仕方ないさ、な!
今は授業時間中だから、残りは放課後にしなさいってこった。
素晴らし過ぎるぜ、こんな先生見たことない


omahima04_02.gif
お母ちゃん反応がカワイ過ぎる。とても一児の母には見えん
そんなワケで、哀れな母親にファイナルドロップアウッ!w


omahima04_03.gif
ブラボォォォーーー!!俺のリビドーも思わず漏れ出すぜ
つか、お前らもノリ良すぎだろ JK
※注:少年誌です。


omahima04_04.gif
なんつーか、大事な部分が隠せてない気がしたので
仕方がないから、こちらで隠しておきました!(紳士的に)
壊滅的にダメ過ぎる!
※注:少年誌です。


つーか、4枚もめずらしく画像使ったけど
何気に「くえす」が一枚もない辺り薄幸なキャラクタだなと再確認w
いや本当に、終わってから気づいた

そして、「やわらか果実ゲットー」のコマ絵は
アレ過ぎてとてもじゃないけどネットに公開できませんでした。
チキンですまんw
posted by 都築恭也 at 03:08 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月08日

雨の日もキャンプ  

081108_01.jpg

勢いで行ってきた。
7日の晩から道志の森でキャンプ!

行きたいなー、とは思いつつも時間的な余裕がなかったので諦めてたんですが、ムリヤリ決行(^^; 夜中の10時過ぎに家を出て、キャンプ場に着いたのが午前12時半とかそんぐらい

それから一人でテント立てて、お茶飲んで、就寝。
たぶん2時ぐらいだと思う

んで、6時半ぐらいに雨音で目が覚めて
→2度寝

8時半に再び起きて
→3度寝w

9時半に管理人さんが廻ってきたので起き・・・
かけたけどめんどくさかったので無視して4度寝(ォィ

んで、更に15分ぐらいウトウトしてから起き出して
メシ喰って、お茶飲んで、お金払って、帰ってきた。

正味12時間居なかった計算(^^;

装備を一新したんで、色々と得る所の多いキャンプでした。
つかね、最近少々いらないモノが増えすぎたかなと、ちと反省。

以下小分けに感想


081108_01.jpg

>ドラゴンテイル
曇りのち雨。での使用でした
結露はうっすら程度で、濡れるけど気にする程じゃないレベル

実際に使ってみると、よく考えられてるテントだと思いました。
もう離せない。つっても良いカンジ

トンネル型のテントってのは壁側がほとんど垂直に立ち上がっているんで驚くほど有効スペースが広い。先日気にしてた天井のネットも実際に使ってみるとまったく気にならないので、このままでいいカモ

そんで、広くて天井の高い前室
料理してても炎で天井平気だろうかとか、いつも考えてしまうんですが
コイツはまったくもって気にしなくて平気。つか換気が良いので結露さえ気にしなければ普通に鍋とかやれそうな勢い

とにかくテントの中で何かしたくなるテントかな
今まで使ってたスノーピーク製のテントは料理とかお茶飲むのもテントから出てやるのが当たり前な感じで、そういう目に見えない圧迫感みたいなものがあったんだけど、コイツはまったくそういうのがなくて使ってて物凄くラク
テントの中でゴロゴロしたり、料理したり、本読んだりしたくなる。そんなテント

難点なのは、シングルウォールなので夜はボンヤリ中が見えることでしょうかw
影絵みたいに中で何やってるのか周囲にバレバレだと思います^^;
そういう意味では難民テント場には似合わないテント
森の中とかひっそりとやりたい人にオススメ

パッキング用のバックも大きすぎだと思ってたけど
今回のように雨が降ってる中での撤収だとテキトーに丸めて縛って帰れるので、
コレはコレでいいのかも・・・

後、テント立てるときは説明書通りに四隅をペグ打ちしてからポールを入れないで
先にポールを入れてテントをハネ上げてからから最後にペグで固定した方が楽だと思う

後、けっこう重要なことに自立しないので
帰ってからの片付け&乾燥が滅茶苦茶めんどくさい。
ってのがある^^;


>WILD-1製オイルランタン
今回使ってみて判ったのは、使う用途が違うから私には要らないモノかなということで、僕にとっての灯りってのはヘッドランプや普通のランタンのような何か作業するために必要な灯りのことなんだけど、オイルランタンみたいな灯りってのはそういう事に使う灯りじゃないんだよね。

基本的に、ボーッと眺めるために使ったり真っ暗にならないためにある灯りで、例えば食後にお酒飲んだり、お茶飲んだりしてくつろぐときには役に立つんだけど、僕みたいに動き続けて止まったら寝る。って人には無用
もしそういう事がしたかったら、その時はやっぱりキャンドルランタンで十分かも

基本的に、キャンプする目的で行くキャンプならあっても悪くないと思う
僕みたいに、何処か行くための手段としてのキャンプではまったく不要。むしろオイルの管理とか手間が増えて良いことが何もないので、次からキャンプ場で誰かと会う約束でもない限り使わないかなと^^;


>ドラゴンテイル専用フットプリント&MPIオールウェザーブランケット
このフットプリントは、なんか専用といいつつもあんまサイズが合ってない気がする
というか、ドラゴンテイルにはフットプリントよりテント内に敷くインナーマットを考えた方がいいんじゃないかと思う。結露対策とか、その他諸々を考えて

僕は今の所
断熱用のインナーマットとしてコールマンの起毛レジャーシートを引いてるんだけど、やっぱりこれだけだとちょっと地面の凹凸が痛いかなーと思ったり・・・もちろん別途シュラフマットは敷いてるもののシュラフマットのない部分がちょっと寂しい感じ

ちなみに1年ほど前から気になってるのがゴム系の素材で出来たヨガマット
コレなんかスゲー柔らかくて、コイツに横になったら気持ちよさそうだナーと思ってはいるものの今だに手を出してないシロモノ。そもそもバイクに積めるのかも怪しいけど^^;

で、まあ話を戻すけど
こんかいは更に結露対策にオールウェザーブランケットも引いてみた
結果、正直違いがわからん・笑

つーか、たぶん使い方間違ってる気がするよ俺!
いやいやそうじゃなくて、今回は結露がそんななかったので必要なかっただけかと

というかですね
このオールウェザーブランケット、皆も一度は気にしたことがあると思うスペース暖シートとほとんど同じモノなんで、あっちが高いんだよな〜。って人には試しに使ってみるとイイカモ。毛布代わりに使うと絶対結露するけど

後は、先日のttaさんトコの日記で影響されたのが
前室に敷物を引いて部屋を大きくするってので、これは私には鬼便利だわw
なんで今まで考えなかったんだろうかと思うほどテントの中の使い勝手が良くなる。
というかテントから出る気すら起きなくなってくる orz
posted by 都築恭也 at 22:50 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月02日

MSR Dragontail  

Dragontail_01.jpg

名前で判断すると、きっと鞭系の武器なんじゃないかと
何を言ってるんだか・・・

そんな感じでMSR Dragontail を購入。
ドラゴンテイルってなんかネーミングがエロいよね(どこがっ!?

初のシングルウォールテント。結構いい値段ダタヨ

正直な所、ネットで購入するには私には高価すぎて二の足踏んでたのも事実
まともにインプレのあるサイトはここのページぐらいしかなかったり・・・

でも見る限り、本当にシングルウォールなのに4シーズンテントなんだなあと妙に安心感(?)があったのも本当。やっぱりちゃんとしたインプレというのは需要が尽きない物だと思った。

今回は残念ながら近所の公園で試し張りしてきただけなんで、実際に使ったときの感想はまた今度なんですが(多分11月後半の連休で使うと思われ)とりあえず簡単に写真だけ載っけておきます。つかブレまくりで縮小してもなんかボヤ〜ンとしてる orz

出入り口は↑上の写真部分のみ。奥側が開かないのは少々驚いた。
てっきり両側開いて、ポールが2つあれば簡易的な前室が確保出来るんだろうと思ってたんだけど違った

Dragontail_02.jpg

天井のアール部分は前から後ろまで貫通式のベンチレーションになってる。
ちなみに写真はないけど、前室と室内を分ける仕切りも上3分の1がメッシュなので通気性はそれなりに良さそう
Dragontail_04.jpg

入口反対側、いい加減に張ったのでフットプリントがズレまくりw
ちなみに、この状態では付いてないですけどガイラインも付いてますので強風の時に使いたい人は、使えばいいんじゃないかと
ただ個人的な意見としては、写真の状態で四隅しかペグダウンしてないんですが驚くほど頑丈でして、四隅とフレームの付け根の六つペグダウンすればまずどんな状況でも飛んだり潰れたりしないんじゃないかと
いや10コもペグ打ったらアタリマエのような気もするけどさ・・・

Dragontail_03.jpg

中は今までで一番大きいスペースなんじゃないでしょうか
私が寝っころがっても前後に20cmづつぐらいの余裕があります。
(ちなみに私身長164cmしかないですがw)
高さも結構あるので天井に頭をぶつけるという事はあまりないと思います。

Dragontail_05.jpg

広い前室&室内
こういう風に中から外を眺めると、買って良かったなあとニヤニヤしてしまうw
↑公園でテント建てて中に入ってニヤニヤしてるなんて完全にアブない人w


Dragontail_07.jpg

ただね、テント上部のベンチレーションと室内を別けるネットが結構弛んでるんだよね
これのせいで高い天井の開放感があんま無いのが残念。ネット自体は夏場の虫対策だろうからやたらに切って取ってしまうわけにも行かないし、何度か使ってできそうなら前後の窓の部分だけにネットを付けて真ん中の部分のメッシュは切り取ってしまいたいかなと思った。

ちなみに更に予想外だったのが同社のフリングが横にベンチレーションが有るタイプだったので、ドラゴンテイルにも付いているんだろうと思ってたんですが、これが大誤算で(^^;
横にベンチレーション付いてないでやんの。そんなわけで、多かれ少なかれ結露でフロアに水が溜まるのは間違いないと思われます(ワラ
日本向きのテントじゃないかも、素直にクローカーかフリング買っておけと・・・


さて、一応買ったときの目論見を書いておきます。
ズバリ「撤収のし易さ」です。今までのテント本体とフライのダブルウォールだと片付ける物が2つあるのが私的には結構メンドくさくて、気に入らなかったんですよね
その点では、今回のドラゴンテイルはやっぱ楽かも。公園での撤収時も5分とかからなかったのは予想以上の早さでした。ただ実際使って、結露した天井を拭いたりしてから片付ける手間を考えると、どうなんだろうなーとは思いますけど

後は、容量ですかね。パッキング時の体積が減らせればと思ったんですが
これは仕舞うバックに余裕がありすぎて結局大きくなってしまいました。もっともこれは、小さいサイズのコンプレッションバックを使えば結構小さくなりそうですけど。少なくともモンベルのコンプレッションバックMサイズだとまだバックの方が大きい感じでSとかで充分入りそう。でも同時にあんま締め付けると破けそうで怖くもある^^;


んで、気に入ってるのは無駄に目立つ所でしょうかw
多分、同型に出会う事なんて早々ないんじゃないかと
後はオレンジ色って虫が寄ってきそうだよね。それと朝明るくなってきたら、まぶしくて寝てられなそう

なんか毎度全然イイコト書いてないですが
もう気にいっちゃってて仕方ないのも事実。早く使いにキャンプへ行きたい!(ぉ
(↑手段と目的が入れ替わりつつある人・汗)


少しでも役に立ったと思ったら
1クリックお願いします。m(--)m
posted by 都築恭也 at 22:34 | Comment(12) | TrackBack(0) | 道具

2008年11月01日

ラスト一歩手前。  

ROOM1301_10.jpg

ROOM NO.1301−管理人さんはシステマティック?−
著:新井輝
富士見ミステリ

なんか気づくと10巻なんですね、結構続いたんだなと思う反面、もっともっと続いて欲しかったのですが次巻で終わりの模様。

内容の方も、結構色々展開があったりして、シーナの話が長すぎた&停滞しすぎたせいか元のテンポに戻っただけなのに妙に色々あったような感じがするのが不思議。

結局の所この本の面白さって言うのは、重要な事はあえて書かずにいる部分で、一見バラバラにみえる住人たちが各々自分たちですら予想してなかったほどに理解し合っている所を描いている部分なんじゃないかと今ごろになって思ったりしました。

今までプロローグとかエピローグとかにしか出てこなかった観念ですけど「縁」の話も、本編にやっと出てきました。私も基本的に、昔からこの考え方で生きてるんでちょっと共感があります。
この考え方、結構好きな人多いんじゃないかなと思うんですけど、どうなんでしょう

他にも西尾維新の戯言シリーズで「縁が合ったら」って言葉で出てきたりして、案外多いのかなこういう人。と思ってるんですけど

さて、最終巻の予想は今までのプロローグをもう一度読み直せば大抵どういう話で終わるのかは判ると思うんだけど、それでも核心的な部分には触れてないのでどういう所に話を持って行くのか気になります。できれば早いうちに出てくれると嬉しいんですけど

んで、10巻全部眺めると絵柄変わりすぎw
絵師さん代わってないのに、何でこんなに描き方に変化が出てるんでしょ
つーか、健一とか最初は結構ゴツい感じだったのに、今はヒョロイ美少年になってて本当変わりすぎw
どっちかつーと1巻の頃のエンピツ描きみたいな絵の方が好きだったなあ・・・と思ったり。
posted by 都築恭也 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記