2010年08月22日

朝焼けが目にしみる  

100822_01.JPG

100822_02.JPG


今年一番の景色だったと思います。

詳細は後日。
posted by 都築恭也 at 23:21 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月16日

ネオエアー  

neoair_01.jpg
Therm-a-Rest Neo Air
サーマレスト ネオエアー


やっちまいました。


今まで散々、「NeoAirどうだろ?」って聞かれてた答えに
Big Agnes の Clearview Sleeping Pad でいいんじゃない?どうせ暖かい時期しか使わないし
仕舞寸法同じぐらいで価格が1万以下だし。と答えてきたわけですが

そうやって他人に Clearview Pad 進めてたクセに
ちゃっかり自分は NeoAir 買ってたりするワケです。ハイ

さて一応買った理由としては、1泊ハイクで使うマットで全身用が欲しかった。っつうそれだけですClearview を選ばなかったのは、登山用のテントが現在床なしなので浸水しても問題なさそうなヤツということで、こっちにしました。Clearview ももしかしたら平気かもしれんけど(ぉぃ

サイズはミドルサイズにしました。
何気にレギュラーじゃないのが日和ってる証拠ですがw
ミドルの長さは一応 168cmってことで、ワタクシ身長164cmしかないので問題ないんですよね。
こっちの方がレギュラーより50g軽いし、若干仕舞寸法も小さいはずなので

neoair_02.jpg
今売ってるプロライトのショートと比較
って感じで、横幅は最大が同じみたいですね。

高さがあるせいかネオエアーの方が横幅がタイトな感じがします^^;

んで、寝心地の方なんですが
いつも参考にさせて頂いてるこことかここなんかで
中の人の評価が「あんま良くない」だったので正直期待してなかったんですが
実際に何度か家で使ってみて、先日の大弛小屋テント場で使ってみた結果。

「悪くない。」

かなぁ…と、というかむしろプロライト4を駆逐しそうな感じでして
仕舞寸法と寝心地と、これはこれでいい塩梅にバランス取れている商品かも

Dual core pad や Down mat 辺りの縦方向に気室を取っているのと
このネオエアーのように横方向に気室を取っている差なんでしょうけど
後者の方が圧倒的に寝心地がいいですね。コレ

とはいえ、既に上がっている先立の評価が理解出来ないわけじゃないんですよ
というのも、もともとこの手のエアマットってクセがあるといいますか
使ってみてある程度体が慣れないと、寝た時の違和感や寝ても疲れが取れない。
なんてのがあったりするわけでして(もしかしたら僕だけかもしれないけど)

今回はたまたま、既にエアマットを使っていて体が慣れていたので
ネオエアーに替えた、恩恵だけを得られたのでこういう感想ですが
たぶん初めて使った人の、半分ぐらいは「あんま良くない」って評価になってオカシク無いかなーと
それでも1週間ぐらい使ってれば気にならなくなると思いますけどね。

自分で使ってて万人受けするシロモノではないなというのが強い印象ですね。
もちろん一定のレベルでちゃんと完成された商品ではありますが
無理しないで、まずはプロライト使ってみて、それで我慢できなかったら。って程度かと


THERMAREST(サーマレスト) ネオエアー Xライト
THERMAREST(サーマレスト) ネオエアー Xライト






.
posted by 都築恭也 at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具

2010年08月15日

限界高度。  

100815_01.jpg
日時:2010年 8月 14〜15日
年計:22泊目
場所:大弛小屋テント場

キャンプしつつ、軽く登山もしたいということで考えた末に行ったのは大弛峠
相変わらずの、あやふやな記憶のせいで勘違いしていましたが、渋峠は国道で最も高いところなのね^^;

というわけで(?) おそらく車で行ける最も高いキャンプ場ってことになるんじゃないかなと
実は7月の中旬に日帰りツーリングで一度来てるんですが、その時に目星をつけていたのでした。

100815_02.jpg

100815_03.jpg

100815_04.jpg

100815_05.jpg

100815_06.jpg

100815_07.jpg

100815_08.jpg
笑っちゃうぐらい空が、まっ白^^; 補正のかけようがないw


そんなワケで(?)
大弛峠 〜 金峰山のピストンハイクでした。
大体朝の7時過ぎに出て帰ってきたのが11時半ぐらいでした
途中は時計忘れたので判りません^^;

ちなみに残念ながらチキンな私はこの岩山のてっぺん迄は行けませんでした^^;
途中までは結構簡単にスルスル行けるんですけどね。
物凄い高さがあってビビッて思わず

コワーー!!

叫んでしまいました^^;
そこからはもう足がすくんで無理でしたよ。
まわりのおっちゃんからは「大丈夫行ける!」とか言われ
(↑やっぱり途中で断念したおっちゃん)

更に「判った。今ヘリ呼んでやる」(落ちた時用)

って、それ落ちるの前提じゃん
やっぱ無理なんぢゃん!!とか足場の悪い岩場でやりつつ退却w

なんだろうこの敗北感…。
この人スゴイなーと、改めて思ったり…

さて、大弛峠〜金峰山なんですが
ほぼ全線に渡って尾根伝いの道なので強力なアップダウンもなく結構気軽に行ける感じです。ここまで楽だとザックとか要らないかも、ランバーパックとかで十分な気がする。
後、道が結構狭いのと岩場が多いので、この道ではポールは不要かな、使うとかえって危ない気がする。今回一応持って行きましたが最後まで使いませんでした。
ただの錘にしかなりませんでした(笑)
posted by 都築恭也 at 23:29 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月09日

夏で、夏だった・・・。  

100808_01.jpg


  『 夏も、もう終わりか・・・ 』


100808_02.jpg

100808_03.jpg

100808_04.jpg

100808_05.jpg

100808_06.jpg




100808_07.jpg

日時:2010年 8月 7〜8日
年計:21泊目
場所:駒出池キャンプ場

なにもしない。をしに行こう!
気分は完ソロって感じだったので、今回はグループキャンプ回避

ひとりで本でも読みながらマターリしよう。と思って行ったんですけどね…
キャンプ場に着くなり発見してしまいました。さすらいの放浪ソロキャンパー氏

100808_09.jpg

キャンプ場管理棟の真向かいで、くつろぐ漢(おとこ)
もはや家に居るのと変わりません

この人にかかれば広大なキャンプ場も、自宅のリビングと同じです
その横になった 大仏 姿からは威厳すら感じます(本当か…?汗)


それにしても、高原のキャンプ場を侮っていました^^;
キャンプ場に着いたのが14時半ごろだったんですが既に気温は20度前後でかなり涼しい。というか日陰に居るとチョット寒いかも…?

当然、日が暮れるにつれ下がる気温(汗)
使わないよなーと思いつつ持ってきた、HAGLOFSの防風ベストとPatagoniaのSimple Guide Jacketを重着して対応^^;

それでも寒くて、さらにバイクのメッシュジャケットに付いてた防寒用のインナーも着用。
丁度いいぐらいでした(あうあうあーw

Sマイルさんは、しっかりインナーダウン着用。用意いいなw

100808_08.jpg

夜は夜で、高度が2千米ぐらい上がると流石に虫もほとんど居ないようで快適。
久々に天の川が見た気がする。ついつい忘れてしまいがちですが、こういう所へ来ると
実は自分の頭上にはこれだけ多くの星があったのかと思います。

星座、高校生の頃は環境の影響もあって、半分以上判ったんですが
都会に戻りすっかり忘れ果て、かすかに見て分かるのはカシオペア座ぐらい(駄
後は、確かあそこいら辺に○○座があった筈的なウロ覚え感しまくりの記憶だけでしたw

極大日は来週末ですが、既に少しずつ始まっているのかペルセウス座の方から頻繁に流れ星が見えます。10分も見上げれば少なくても3つ4つは見られたかと

極大日の週末もどっか行きたいですが
金曜日に宴会だと土曜日の早出は無理なので(笑
あんまり遠くへは行けそうにないので、星の綺麗な所は難しいかなぁ…
posted by 都築恭也 at 20:06 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記