2010年10月26日

月は出ているか…  

101023.JPG


なんぞ、またこんな所へ…
諸用ですよ諸用。いや本当に用事があって行っただけなんだけどね

ちなみに今週末は東北に行かなきゃならん諸用が…
基本ビンボー人なのでビジホに泊まるの費用的に辛いんだよねぇ

でも向こうで人と会う用事があって行くワケでして
終わった後に「じゃ俺、キャンプ場行から!」とか言えないしなぁ

しかも週末、今の所雨なんだよね
新幹線に乗る余裕が無いので雨が降ったらバックレるしかねーな…
posted by 都築恭也 at 00:57 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2010年10月18日

ARC'TERYX Aerios 14  

Aerios_01.jpg

なんか玉には書かなきゃねぇ…みたいな感じで
なんとなく、ARC'TERYX Aerios 14 なんかをご紹介。

最近、一番出動回数が多いザックですョ
まぁ、今の所街使いがメインなんですけどね^^;

昨年から何度か山行していて段々慣れてきたせいか
街中とか初夏の日帰りレベルだとBDのRPMじゃ大きすぎると感じるようになりまして
もうちょっと小さいザックはないかと物色していて辿りつきました。

大きさは必要にして十分。
流石にアークテリクスのザックはひと味違うぜ!という感じで
荷物が増えて重くなっても違和感なく背負ってられるのはトップブランドの矜持と言ったところでしょうか、素晴らしい以外の言葉が見つかりません。

大きさが違うので、単純な比較はできないですけれど
たぶん重い荷物でも、RPM より Aerios の方が快適に背負える気がします

ちなみに、まだそういった使用はしたことないですが、今後のアタックザックとしても考えています。
コイツなら十分持っていくだけの余裕がありそうなので^^;

Aerios_02.jpg

背負側はディンプル加工されていて通気性も悪くありません
全面メッシュ素材なのでいい具合にヌケは感じられます
とはいえまったくムレないわけではないのですけれど
それはまぁRPM辺も同じですし、こっちの方がムレは少ない感じですね

Aerios_03.jpg

サイド部、正直あんま意味ない大きさのポケットだと思う^^;
とりあえず付いてる程度の認識がいいかなと

ちなみに滑りやすい生地で出来ているので、ほとんどホールド感はないです。
そっと置いてあるだけ、って感覚が一番近いかも…

ちなみに、このザック
ファスナーの滑りが滅茶苦茶よくて、こんなに良いファスナーはお目にかかったことがない!
と叫べるレベル

Aerios_04.jpg

個人的にも気に入ってるのはこのループ部分

ちょっと凄いです、この部分は
このループを持つってことは通常、ザックのトップセンターを持つって事と同義ですけど
コイツの場合は、ザックの中心を掴んでいるような不思議な安定感があるんですね

Aerios_05.jpg

ショルダーについてる丸いゴム製の輪っかは何に使うんでしょうね?^^;
実はよく判らないのですが、街中でお店なんかに入ったときにイスの背もたれに掛けるときは
このリングを閉じると丁度いい塩梅で安定してくれます。

リング下のストラップの他に、腰部のストラップもありますが
こっちは取り外してしまいました。そんなに重たい荷物を背負う予定がないですから…(汗

Aerios_06.jpg

ザックの中は、ポケットが一つだけあります。
大きさ比較はで350ml缶のスリーブを置いておきます
ポケットの大き過ぎず小さ過ぎずで、お金入れたりするには十分な大きさ
私はとりあえず外してしまった腰部のベルトが入ってますが、たぶん使われることはないかなと(ォィ

Aerios_08.jpg

残念ながら(?)縫製はメイドインフィリピンでした。
まぁこのテの価格が比較的安いザックは仕方ないかなぁという感じ

Aerios_07.jpg

Aerios 14 だけだったと思いますがカンガルーポケットが付いています。
割と大きくて、一時的に仕舞うような類のものには結構重宝しますね。
外付けで長時間置いておきたいものは外側のバンジーコードを使って縛ったほうが良いみたいです。


posted by 都築恭也 at 01:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 道具

2010年10月02日

これはヨサゲ  

mont-bell の冬新作でチェーンスパイクが出てる…

1枚しか写真出てないけど、写真見る限りだとカツーラマイクロスパイクとほぼ同じものっポイなぁ

でも、今ならコッチの方がイイ気がするなぁ…^^;
マイクロスパイクと比べると若干の重量増だけど、ほぼアイゼンなので信頼性は上のような気がする
posted by 都築恭也 at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記