2011年11月15日

ユーシン渓谷。  

111030_01.JPG

10月の終わりの話しですが、およそ1年半ぶりにユーシンロッジへ行って来ました。
当初は寄(やどりぎ)から雨山峠を超えてのルートを考えていましたが
バイクで家を出てからストック忘れたのに気づき、日和って玄倉林道からのアタックとなりました^^;

111030_06.JPG


111030_07.JPG

玄倉林道は、長らくトンネルの崩落があり通行止めでしたが
10月の頭頃から歩行者のみ再開ということで歩けるようになりました。

玄倉林道 〜 ユーシンロッジだと登山というかハイキングというか散歩レベルですね。
元々、車が通行できるように整備されていた場所ですので道が悪い所も多くないですし
普通の格好で来れると思います。

ただ途中のトンネルは電灯無いので懐中電灯とか無いと歩けないですね距離がありますんで


111030_02.JPG

111030_03.JPG

111030_04.JPG

111030_05.JPG

去年も思いましたが、営業してないとはいえマメに掃除はされているらしく
しっかり整備された雰囲気があります>ユーシンロッジ

とか、思ってたんですが
何気なく玄関扉引いたら普通に開いたりして、中に入ることができました。
素泊まりなら、結構安いみたいだし早く復活しないかなと


111030_08.JPG

そんな、こんなで グダグダやっているうちに某有名ブロガー氏登場

実は、あんまりにも林道からだと近いので、登山とかどうでもよくなってしまって
もう帰ろうかな〜… なんて考えている矢先だったりして^^;


111030_09.JPG

ここを、本日の野営地とする!

とか、なんとか

そんな感じで、フォーカスト・ビバーク(予期された不時露営)


111030_10.JPG

ちょっと、横になるつもりが思いっきり爆睡w ^^;
起きたら夕方で、すぐに暗くなってしまいました。

111030_11.JPG

焚火したり、酒飲んだり、ラジオ聞いたり、音楽流したり、幕中で本読んだりして寝たのは結局12時を過ぎた頃。比較的街が近いせいか、山越に街の灯が夜空を明るくしていました。


111030_12.JPG

翌日も、9時には撤収完了!(遅すぎるwww)
1時間半程度で林道を抜けてバイク元まで帰ってこれました。

アクセスが良くなったせいか、昨年と違って人が多くて驚きましたね。
まぁ今ぐらいの多さが限界かなと

これ以上増えるとちょっと嫌だなーとか自分勝手な事を思ったり…
posted by 都築恭也 at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月25日

島をめぐる冒険  

.
勇者様ボシュウ!


期間:11月2→6日

場所:神津島

11月2日の晩から行動開始です。

大型フェリーで東京が 22:00発
途中、横浜に寄港して 23:30発
※ごめんなさい、横浜に寄るのは土日のみでした。
 そんなワケで私も東京から行きます


帰りは、神津島を10:30発で
横浜 18:00着
東京 19:00着


料金は片道で
東京〜 \6,410
横浜〜 \5,630

ちなみに、
インターネットからクレジットカード前払いで20%オフらしいです




港の場所は東京横浜

その他、現地集合で高速船or下田港出もあります。
使う人がいるかは微妙ですが^^;

一応、日曜日帰り予定ですが
天候次第で前倒しになる可能性はあります



一度でも会ったことある方でも、一度も会ったことない方でも参加可能。
ただし、基本的に放置スタイルですのですべて自分で賄うようにお願いします。
キャンプ場:都立多幸湾公園キャンプ場長浜キャンプ場沢尻湾キャンプ場
お風呂:温泉保養センター



とりあえず、参加者

ザク太郎さん(隊長)
都築恭也さん(隊員A)

今回は、11月4日の平日をおさえないとならんのでレベル高いですが


この日をおさえないと


年内の連休もう無いよ?




ウフフフフ・・・w
posted by 都築恭也 at 01:34 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月24日

3年目の秋を探せ!  

111023_01.JPG


今年も女神湖へ行って来ました。

昨年

一昨年




続きを読む
posted by 都築恭也 at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月16日

食べた。走った。見た。  

221016_01.JPG

実は昨日、久しぶりに墓参りのハシゴをしてきたんですが(県内に3ヶ所もある^^;)
時間が足りなくて結構すり抜けてたもんで、知らんうちに釘踏みぬいてパンクさせてました(汗

夜のうちに応急処置だけして、今日の午前中にさっくり世田谷のお店でタイヤ交換してもらって
ついでに三鷹のお店で、小物物色して、なんとなく毎度のようにヤビツ峠へタイヤの皮ムキしに行ったりして…

これまた、知らなかったんですが
よく見ると川沿いに東屋のある所が点在してたりして
釣り人用に、こんなモノも用意されてたのね
(ちなみにキャンプ&BBQは禁止ですよ!)


まぁ、そんなワケで
なんとなくストームクッカー持ってきたし、で
なんとなく途中で買ったカップ麺なんて食べてみたりして

丁度というか、なんというか
風の強い時だったのでストームクッカーで良かった
普通のバーナーだけじゃお湯が沸かなかったかも^^;

んで

いやもうね、このカップ麺がゲロマズでしたw
最近つーか、ここ数年、カップ麺っていうとカップヌードルシーフードしか
食べてなかったので本当に一口啜った瞬間の驚愕と行ったら言葉に表せないものがありますね
しかも量が滅茶苦茶少ないし… (いや、おいしくなかったからいいけどさ…)



221016_02.JPG

実は、毎回いつも思うのですが
この食べている時に東屋から見ている
なんでも無い風景ですら、時に非常に得難い愛おしいものに見える瞬間というのがありまして
それが見せたくて写真を撮るんですけれども、やっぱり私のウデでは足りないわけで
カタチにしてしまうと、ひどくありきたりな「なんでも無い風景」になってしまうんですよね

私の修行が足りないだけなんですがw
それでも、この瞬間を本当に感じるなら
やっぱ外に出るしかないよなと、毎度思ったり…


221016_03.JPG


年に一度しか来ないので、こんなだっけなぁ?と毎回思う風景なんですけれども
こういう所から見る風景は、やっぱ夜景の方が個人的には好きかなと


221016_04.JPG


で、まぁ
次に行ったのが、こんな所でした

数年前に知ってから、行ってみたいなぁと思っていたものの
何処にあるのかも調べずにいたので全然分からなかったんですが
調べて行ってみたら何のことはない、大学時代の友人とよくウロウロしていた所の近所だったりして^^;
近くまでなら何度も通った道でした。


221016_05.JPG


一見すると、物凄い森の中みたいだけれど
数百メートルも移動すれば民家の中だったりして
こういう所が近所にあったら嬉しいよなぁ…とチョット思ってしまった。

意味もなくボートとか借りて、昼寝したり本読んだりしてみたい(笑)
そういうことするには今が一番丁度良い季節ですね。
posted by 都築恭也 at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月13日

放置の国から〜2011〜  

111010_01.JPG

そんな、こんなで参加された方はお疲れ様でした
まぁ何をするでもなくダラダラとした時間を過ごし、気づけば3日間が通りすぎておりました。

毎度のことですけどw

実は、春先に画像ソフトのCD-ROMが壊れてしまい
それ以降、マトモに画像処理ができないため人の顔が写ってない
載っけても問題のなさそうな写真が、このブレブレの写真1枚しかありませんでした^^;

本当に毎回のことですが、凄い人やら、凄くない人やら
オカシナ人とか、変な人とか、変態とか色々いて不思議空間でしたね。

個人的には、この場で初めてスラックラインを体験することができたのですが
滅茶苦茶面白いですねコレw

ちょっとうっかり買ってしまいそうになるのですが、今月は既にアレやらコレやら
必要なものを買っているので、来月以降に我慢しておこうかと(?)

次に会う時までには、せめて歩けるようにぐらいはなってみたいなぁ…と


また来年!
posted by 都築恭也 at 02:11 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月12日

涙が止まらない・・・。  

合コンで女怪の攻撃を華麗に受け流してたら咽び泣いた
http://hamusoku.com/archives/6176832.html


文章がムダに巧くてワロタw
posted by 都築恭也 at 00:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月11日

猫溜り  



もの凄い甘い声ですな(笑)
posted by 都築恭也 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月29日

行ってきた所の写真を淡々と貼ってみる。  

100924_01.JPG


100924_02.JPG


100924_03.JPG


100924_04.JPG


100924_05.JPG


100924_06.JPG


100924_07.JPG



なんか段々写真を撮るのがヘタクソになって行ってる気がしてなりません(汗)
posted by 都築恭也 at 00:58 | TrackBack(0) | 日記

2011年09月01日

登山時における覚書  

山行中には色々考えつくのだけれど
平地に戻ってくると忘れちゃうんだよね〜
そのうち更新・訂正します。



パッキング

基本的に衣・食・住で3つのユニットに別けた方がいい
概念的な階層分けではなく、物理的にスタッフサック等で分ける
勿論、行動着など気象変化により身につけるモノが変わることはあるので、それだけは個別にしておく
ザックの中身は下から住・衣・食であり、別途行動着が間に入る

火種は複数を複数ヶ所に用意しておく
毎度思うが、最終的には普通の100円ライターが最も優れていると個人的には思う
高所ではターボライターは点火しないことに注意。



登山時

暖機運転は体にも必要である。
特に登り始めは30分程度はあまり汗をかかない程度、息が切れない程度の運動強度で登ること

基本的に一歩で登る高さは、自分の足の脛ぐらいの高さが限界と心得る。
膝まで一歩で登るのは足への負担が大きすぎる

膝の高さまで1歩で登るより
脛の高さで3歩あるいた方が体力的な負担は少ない

不要な石や岩に登らない。
逆説的に言うなら、登山中無意味な下降をしない
次の一歩は可能な限り、今の一歩より高い位置を踏んでる方がよろしい

最も身体的に負担の少ない歩き方は、意識せずに歩けるペースである。

ペースが早ければ体に負担がかかる
ペースが遅ければ不必要に体力を消耗する

例えば、平均コースタイム3時間程度のコースを5時間かけて歩くと、3時間で歩くよりも遥かに疲れる。
どんなにゆっくり歩いても、5時間歩いている事実には変りないことに注意。

ペースは慣れと体力で勝手に変わってくるものなので
最初のうちは神経質にならないほうがよい
正しく今の自分のペースを知ること

1時間に10分程度の休憩を入れること
と言われているが個人的には懐疑的である。

個人的には疲れたと思ったら休めばいい
疲れを感じないなら休憩しなくてもよい

というか休憩の入れ方なんぞ、誰かに言われなくても判るだろw
それが分からないって、既に生き物としてどうかと思うぞ…

回数にもよるが、休憩時2,3回に一度はエネルギーの補給もすること
バテてからでは何も体が受け付けなくなるので注意

日常生活ではまず経験しないが、シャリバテは存在する(笑)
意識的にカロリーは補給するべき


下山時

ほとんどの場合、事故や怪我は下山中に起きていると心得るべし

膝になるべく負担がかからない様に歩くには、登山時同様1歩で降りる高さは脛程度にすること
膝と同じぐらいの高さを1度で降りつづければ、膝故障への直行便となる

膝の高さまで1歩で降りるより
脛の高さで3歩降りた方が体力的・筋力的な負担は少ない

無駄な上下運動はしない
逆説的に言うなら、下山中無意味な上昇をしない
次の一歩は可能な限り、今の一歩より低い位置を踏んでる方がよろしい

1歩はなるべく小さく取ること。大体引き足の拳1コ前ぐらいでよろしい
慣れないと歩きにくいが、慣れれば気にならなくなる。

もしも裸足で下山していたら、その1歩は踏み出せる1歩か考えてみよう
その一歩の幅は、裸足だったら踏み出せる一歩でしょうか?

裸足だったら、1歩は自然に小さくなる → 無意識的に負担の少ない歩き方をしている
靴を履くと1歩が大きくなってしまう → 足が靴に守られているので鈍感になっていく

段差の無いゆるい下り坂では、ストックは突かない方が、早く楽に降りれる

膝が痛くなり始めたら、違和感を感じたら可能なかぎり早くテーピング等の補強を入れること
痛いのを自覚した時には既に手遅れである

歩行に支障が出始めた次点で、それはもう半分以上遭難しているという認識を持つこと



ストック

買う時までに、必ず見聞きするけど使用する頃には完全に忘れている事
ストックは、あくまでも「補助」である。

ストックに依存している人が多すぎる
山行した翌日に肩・腕が痛くなる人はストック依存の傾向がある。

ストックの長さは、基本的に登りは短めに・下りは長めにして使う。
と言われているが、個人的には懐疑的である

というのも、既に前述した通り
1歩の昇降が脛程度の高さならばストックの長さを大きく調節する必要性を感じない

下山時、ストックを伸ばしている人をよく見かけるが
果たして、一度にそんな激しい段差を降りていくのでしょうか?
あるいは、そんな遠くにストック伸ばして使う必要があるのでしょうか?
長い棒と短い棒、例え同じ重さでも振り回して疲れるのはどちらか考えてみよう

長さは持ち手の場所を変えて対応すべし
posted by 都築恭也 at 00:45 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月18日

大蛇の背骨  

110815_13.JPG

ガガーブ歴992年、都築さんは故郷ラグピック村よりティラスイール聖地巡礼の旅へと出発シ
ついに大蛇の背骨へと到達したのデシタ(謎



110815_01.JPG

嗚呼、聖地巡礼 w

続きを読む
posted by 都築恭也 at 22:10 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月10日

完璧ナル、パフォーマンス ヲ  



なんかもう丁度良い画像とか映像がないのが残念無念
上の動画は冬用のコールドギアの動画なんですが
夏用でも言いたいことは大体わかるかと

体にフィットする(コンプレッションする)タイプのベースレイヤー
このテの商品は下半身用だとサポートタイツの名でC−WXは日本では特に有名ですな
他にもSKINSとか最近出たC3fitなんかが頻繁に広告出してますけど
反対にUAは殆ど広告見かけないですね

とはいえ本当は、このUAこそコンプレッション系商品のオリジナルだったりして
ワタシはもう何年も、このメーカーの商品しか手にとってないので
正直な所、個人的には、ここ以外のメーカーは見かける度に「なんだUAのバッタものじゃねーか!」としか思えないのですが^^;

値段も違うけど、性能も違うって話で
速乾性なんて言葉が、真夏になると溢れかえる昨今、これが本当の速乾性能なんだヨと言いたいぐらい性能差があります。今年は「着るエアコン」なんて言葉がキャッチコピーとして流れてますが、アレを「着るエアコン」ぐらいに言うなら、コレは「業務用強制冷却装置」と呼べるシロモノかと


UA.jpg

夏用のヒートギアでも良いけど、どうせならやっぱり最上級のメタルシリーズを逝って欲しい所
着比べてもスグに判るぐらいこれまた性能差があります。たぶんセダンとスポーツカーぐらい違うかと
それとメタルの方が寿命も長いみたいで、手元にあるので一番古いのが今年で4年目ですが特に問題ありません
安い方は去年買ったのがもうオカシクなってます^^; 着てる回数も古い方が多く着てたりして(汗


ちなみに、巷に溢れている「速乾性」のシャツですが
基本的にポリエステル等で造られたシャツは全部「速乾性」のあるシャツになります。
主材料であるポリエステルが保水しないので、濡れても乾きが早い。という理屈なのですが
実際には、そういう風にならんのは一昔前の速乾性のあるシャツを着たことがる方なら判るかと(^^;







posted by 都築恭也 at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月09日

正直、舐めてました。 orz  



東京都・最高峰 雲取山

標高2千米少しの山なんて、今さらたいしたことないでしょw
とか思って舐めてかかったら予想を遥かに超えてキツイ山行だったりして
体力的というよりも心理的に心が何度も折れそうになりました^^;
途中もう帰ろうかなー・・・と何度思ったことか・・・。(汗)

下から撮った写真はアッチコッチのブログに載っているので
反対に上から見下ろす感じで稜線を撮ってみたり・・・

僕もそうなんですけど、この写真だけ見ると雲取山って見晴らし良さそうに見えるんですが
実際にはココと後2,3ヶ所しかひらけた場所がなくて、後はほとんど森の中だったりして
風景とか変わらないので、個人的にはスゲーつまらん山でした^^;
やっぱ登って景色が良い山がいいよねぇ




2日目は少しだけ晴れて太陽も見えたりして
やっぱ太陽が出ている中を歩きたいよねぇ。暑いけどさ
でもそういう季節も感じるために山登ってるんだよ。




ほーんと、予想を遥かに超えて山の中&森の中
川沿いに歩いてる時は涼しくて凄いキモチイイんだけどね
ちょっと離れると汗が止まらなくなちゃったりして、汗を拭くのが無駄に思えてきて
途中から流しっぱなしで鼻先や顎から滴ってるの放置して歩いてました。

使わないだろうと思っていた着替えもフルセットで使ったし、低山は低山で
また装備を考えないといけないみたいですね。


参加者とかの話は全部、主催者様に丸投げ致します(駄
写真自体ほとんど撮ってない上に、予想以上にちゃんと撮れてなかったので
これ以上書くことがないのねーん(^^;
テントの写真も撮り忘れてたヨ orz
posted by 都築恭也 at 20:32 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月24日

里親募集。 スンマセン ('A`)  



Patagonia Men's Nano Puff Pullover
パタゴニア ナノパフ プルオーバー


 色 :ゲッコーグリーン
サイズ:Lサイズ
状 態:ほぼ新品(ワタシの試着1度だけ)
値 段:15,000円


サイズ間違って買ってしまいました。orz


まぁ、いつかやるだろうなーとは思っていましたが
このタイミングでやっちまうとは思ってもいませんでした・・・。

海外から取り寄せたので交換頼むと既に足が出るので
あんまこーゆーのは良くないのでしょうが、引き取って頂ける方を募集シマス

胴回りはともかく、着丈は身長が175cmぐらいないとつらいかなーというサイズですね

まぁ着丈の長さも個人で好みがあると思うので判断分かれる所ですが

とりあえず身長が164cmの私が着るとお尻が8割方隠れるぐらいはあります

買ってもいいよーってキトクな方は
コメント欄とか、ツイッターのダイレクトメールか、
右側に書いてあるメールアドレスから連絡頂ければと思います

いるのか判りませんが、複数名いる場合は純粋に
早い者勝ち。ということにしておきます。
posted by 都築恭也 at 00:41 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月04日

お疲れ様でした。  

110703_01.jpg

おつかれさまでした。

結局、まっぴろさんと二人でのアタックになりました。

結果的に、他の方々が恐怖した通り
まっぴろさんを馬車馬の様に走らせ

本人曰く、12時に付けば…
と言っていたのを、無事10時前には頂上へ上げることに成功しました(T_T)

その後、言葉巧みに惑わせ
お鉢周りに連行し、下山しました。
トータルで丁度12時間ぐらいの工程でした。

ありがとうございました>まっぴろさん

いい加減、3度目ということもあり
今回はダイブ楽というか、大して苦しまずに登れましたね。
息も、ちょっと苦しいかな?ぐらいの影響しか受けず
周りがハァハァ言ってる中で、わりとフツーに活動していました^^;


110703_02.JPG

曇りと言われていたものの、午前中の早い時間はドピーカンで決行景色良く見えましたね。
ただ頂上に居たお昼頃は雲の中で、下山し始めた13時頃からまた晴天になったりして
ちょっとツイテなかったかなーと


110703_03.JPG

実は、今回登って少し思ったのですが
今回の富士山登山を持って、富士登山は一旦止めにしようかなと思います。
特に深い意味はないのですが、昔にも書いた通り登ってて楽しい山ってほどではないんだよね。
まぁ誰かが行きたいんだけど〜、と言い出せば行くと思いますが(笑
自発的にはちょっともういいかなーと
posted by 都築恭也 at 00:33 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月02日

大変申し訳ない!  

明日決行します。


場所は、吉田口に変更シマス!

orz ゴメンナサイ
posted by 都築恭也 at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月29日

唐突ですが、勇者募集。  

日 付 : 7月3日(日曜日)

場 所 : 須走口

時 間 : AM3時頃予定

装 備 : なんかテキトーに

雨天時中止

一応、お鉢周りを予定。



富士山登山やります。
今年は規制が増えた&早い。ようで
7月の1週目を逃すともうマイカー規制が始まってしまうようです。


毎度書いても誰も居ないので、今回もいないと思っていますが^^;
もしも行きたいというキトクな方がいらっしゃいましたら、よろしく

ゆっくり行きますから平気ですよ〜
開始時間も同行者がいたら、当日多少の変更するかも…

体力的に自信のない方は、必ず前日の日暮れまでには登山口に到着して
食事と睡眠をとって下さい。ぶっちゃけ富士登山で頂上に辿り着けないなんてのは
高山病か天気かケガのどれかぐらいで、体力的に辿り着けない人なんてのは普通いないんですが
(↑その程度の距離しかない。という意味で)

普段から頻繁に高い山に登っている人以外
高山病は、しっかりした睡眠をとらずに登ると
ほぼ100%で発病しますので、前日入りして睡眠で体力回復をはかりつつ
高度順化するのが一番ロスが少ないと思われます。


ワタシも明るいうちにはナントカ登山口まで辿り着きたいと思っています。
でも当日車無いかもしれんのよね。そしたらバイクなんだけど、
ここバイクサイドタープOKだろか…(ぉぃ


参考:昨年の装備リスト他
http://white-t.sblo.jp/article/39851209.html
posted by 都築恭也 at 00:35 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月28日

ここはアキバ系のサイトだと忘れてないかい?  

なんかたまにはアニメの話もしないとねぇ… みたいな感じなので
先日訃報の出た川上とも子さん関連からって事で
メタルファイターMIKUなんぞを発掘




いやもうぶっちゃけ知ってる人少なかろ?と思うような作品で
関東だとテレビ東京系で朝の7時半頃にやっていたのでマイナーなんだよね
当時だと1クール1年、短くて半年ってのが普通だったのに最初から全13回と打って
TV放映されていたのが凄い印象的でしたね。

アニメーションの絵柄がキャラは、この後の天地無用やエルハザードのスタッフだし
甲冑なんかは「バブルガムクライシス TOKYO 2040」とか後なんかあったけど忘れたw
まぁとにかく頻繁に見るスタッフが多かった作品でした。




で、まぁツイッターでも同じ話をしてたんだけど
まったく知られてない作品繋がりで真拳伝説タイトロード
一応このショートバージョンならOPとEDがカセットテープに残ってるんですが、フルで聞いてみたいんだよねぇ アニメ自体は諸般の事情により2話ぐらいしか見れてないんでアニメも見てみたいなぁ
これも朝7時半からの作品。

確か、丁度主人公の声をやってた緑川光さんが全盛期(?)だった頃で
週に4本ぐらい、この人が主人公役で出てきてました。


後、まだちゃんとしたのが見つかっていないのに「おざなりダンジョン」って漫画のアニメがあるんですが
コイツがまた全3回しか放映されてなかったので、殆どの人間の記憶に残ってないんだよねぇ
やっぱテレビ東京系で天空戦記シュラト→宇宙の戦士→おざなりダンジョンとかそんな風にシュラト放映後の後枠がしっかり決まらずに、時間枠が変わってきて丁度、宇宙の戦士が盛大にズッコケたせいで誰もTV見ない空白になってたのも影響あるんだよなぁ・・・
なんでかYouTubeでブラジル版がUPされてるんで一番欲しいEDを聞こうと思えば聞けるんだけど
それだけなら、やっぱこれもカセットに残ってるんだよなぁ・・・




鉄人28号FX
誰でも知ってる鉄人28号のその後の物語。
主人公は正太郎ではなく彼の子供なんですが
新たに超電導パワーが付いて、リモコンも銃タイプのものに変更
丁度リニアカーの話とかが全盛で「超電導」って言葉が凄い頻繁に使われてた時代でした。
OPが流れる前にナレーションで「シャイアンヒーロー、フューチャーエックス、超電導パワーオン!」
って台詞が入るのが印象的でしたがYouTubeには無さそうですな

後、カワイソウな事に中盤以降に永遠のライバル、ブラックオックスが出てくるんですが
そっちの方が鉄人よりカッコよかったりして鉄人の人気伸びなかったんだよね。
しかもブラックオックスのコントローラーは腕時計型で喋りかけるだけで動いたりして
どっちが主人公機なんだか・・・とw



獣戦士ガルキーバ
のEDの方(笑)いや、もちろんOPも好きだけどね。
マイナー作品ではあるものの、この作品のOP曲辺はニコニコなんかでも神曲扱いなので
知ってる人は、知っている!みたいな?w

EDの曲名は「会いたくて会いたくて」田嶋里香
良い曲だとは思うんだけどねー。あんま人気はなかったようで
コイツは既に発掘済みなんですが、発掘するのに7年ぐらいかかっとる
いや、他の作品なんかでもう10年以上発掘できてないのもあるけど…




バブルガムクライシスtokyo2040 ED
バブルガムクライシスは無印版と、このTokyo2040版があるんだけど
僕は無印版を見たことがないのでナントモ言えないのです^^;

深夜放送だったのも手伝って、このCGっぽい映像が凄い印象的でしたね。
映像だけ見てると serial experiments lain の影響かスタッフかが入っているよなぁという印象があって
暗い部屋でこの映像見るとたまりませんでした。


長くなったので、ここいら辺で^^;
posted by 都築恭也 at 02:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月06日

山 開 祭 。  

110606_01.JPG

本当は丹沢のユーシン渓谷を攻めるつもりだったのですが
誘っても誰も付いてこなかったので(笑)

ついフラフラと吸い寄せられるように八ヶ岳へ行ってきました
今回はここ、標高 2,237m からスタートでした。


110606_02.JPG

110606_03.JPG


110606_04.JPG

110606_05.JPG

主目的は池散策ってことで、池の畔をブラブラ^^;
こんだけ大きいワリに魚がまったく居ないんですよね
水質的にダメなのかとも思うものの
そもそも雨水が溜まって出来た池なので居なくても仕方ないのかなとも

しかし、なんかこう
喰える魚とか放流したらいいんじゃね?とか思ってしまう僕はダメな子なんだろうか…^^;

そんなこんなで、1日目は

ロープウェー頂上口 〜 雨池 〜 双子池 で、双子池野営場で1泊。
いくらなんでも歩かなさすぎと思いテント設営後に 双子池 〜 亀甲池 ピストン
こんだけ歩いてもかなり、ヌルい運動レベルでした。4,5時間は歩いてるけど
運動量的には塔の岳片道分以下かな


110606_06.JPG

2日目〜って感じで、双子池 〜 北横岳 〜 ロープウェー頂上口
ここはわりとキツイ、というか 双子池 〜 北横岳山頂 の間が完全にアスレチックというか
ご覧の有り様だよ。状態
ちょっと急過ぎる^^;

まぁ好きだけどね、こーゆーのw
表現が難しい(?)んですが、金峰山の頂上付近の岩場が
延々3時間ぐらい続くと思ってくれれば間違いないかとw

しかもコレ、双子池からのルート分岐直後からずっとコレなのでかなりしんどいです(汗
途中からは雪、いや雪っつーか氷でアイゼンの必要性を感じました。
特に登りならなんとかなると思いますが
反対に下りだとアイゼン無いとまず無理かと。来週はまだ残ってるだろうねー
2週間後ぐらいなら、無くても下りられる程度には溶けてそうだけど

ちなみに北八ヶ岳、初日も二日目もストックを持って行きましたが、テントの柱に以外ほとんど使いませんでした。理由としては、広い道は緩やか過ぎて必要ない。急坂は道がタイト過ぎるか岩場なのでストックが振り回せないor使う必要がない。その二択なので、テント設営に使わないなら必要ないかなーと


110606_07.JPG

でもって、北横岳到着〜 11時ジャストぐらいだったよ。
それから1時間ほど時間潰して参加してきたのが、八ヶ岳の開山祭だったのでした。
いやもう、よくもコレだけ集まったもんだわ… って気がしないでもないのだけれど
実際にはロープウェー頂上口から一直線に北横岳目指せば1時間半ぐらいなので、わりといい加減なカッコの人も多かったですね。ジーパンに化繊のジャケットとか

帰りがけに、参加記念のピンバッチとおフダを貰って下山してきました。
今年も無茶すると思うので、おフダ様には最大限ご利益を頂きたいかとwww

約半年ぶりの山行でしたので慣らしって感じで、まぁまぁでしたね。

でもまぁ
正直あんま楽しい場所ではないかな〜>北八ヶ岳。
ちょっと消化不良というか、運動量が足りないかも…

当分の間は、自分から積極的にまた来ようとは思いませんね多分^^;
posted by 都築恭也 at 01:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月13日

ある晴れた日のこと  

110410_01.JPG
なーんか1名ほど轟沈している方が...(笑)

すまいるさんトココレに参加してきました。

個人的にはあんまチャリティとかそういうのはどうでもよくて
とりあえず手っ取り早く最近会ってない人たちと会っておこうかという程度での参加でした。

そのお陰か(?) 喋るのに夢中になってしまい撮った写真は、この1枚ぐらい^^;
実際のほんの一部の更に一部程度ですが、この1枚からでもフリーダムな感じが伝わえば良いかと


今回は tetk さんがお隣に来たので、これまた濃い話を聞くことができました。
100人少々集まったようですが、たぶん一等濃い場所だったんじゃないかと(笑)
周囲が焚き火に興じている頃も、オイルランタンとローソクだけとか周囲と明らかに違う雰囲気がw

出てくる装備も、なんというか好きな人にはたまらんのだろう品々で
バイク移動の僕には守備範囲外の品が多かったですが、それでも"コレいいなぁ…"と思うような品がソコ此処に… なんかもうここまで来ると、かえって知らない方がおサイフと心に優しい気がしてなりません^^; 怖いから調べない!w


さて、なんか今回は自分でもカラ周りが多かったというか何言ってるんだか判らん発言が多くて
もしかして、というかたぶん、なんか失礼があったんじゃないかと帰ってきてから思い返して

あうあうあー

とか悶えているワケですが、どうか寛大な心で流して頂ければと、一部の方々に伝えておきます。


また、何処かで 会うことがあればよろしくお願いします。>参加されたすべての方々へ
posted by 都築恭也 at 00:39 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2011年04月03日

春を待つキャンプ  

20110403_01.JPG

最近会ってない方々が数人来ているということで、道志界隈へ行きました。
出会って既に3年、短かったようで結構長い時が流れたらしく
各々の生活スタイルもだいぶ様変わりしました。

願わくば、この変化が良い方向へと進んでいる兆しだと思えるモノにしたいかと

毎度の事ですが行くのが遅くなって、結局駆け足でのキャンプになってしまいました。
実はそろそろGWに向けた実験というか試行錯誤が始まっているのですが、今年はあんまり大きな変化もなく、自分の中での定番な商品で固まりそうな感じかな。
その前に、どこに行くかも不明なんですけどね^^;
(本当は男鹿半島に行くつもりだったんだけど地震で不安定なので回避予定)

20110403_03.JPG

最近使ってなかったので、タブキャンドルなんて出してみたりして…
眺めるための灯りって感じですが、まぁ灯塔って感じでテント前に置いてみたり

桜の灯絵を眺めながら、桜の花が咲くのを待つわけですよ(ホントウか?w)

桜の美しさってのは何なのでしょうね。
アレに匹敵する咲いても散っても綺麗な花ってのはちょっと考えつかんのよね

20110403_02.JPG

枝にもダブキャンランタン吊るしたりして、こっちも毎度のことだけど
マーカーの意味しかないのよね。これ自体を光源にするのは無理なんだよなぁ・・・
posted by 都築恭也 at 23:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記