2010年02月15日

憑依ってレベルじゃねぇぞ!  

マイケルジャクソンみたいな顔になった相川七瀬が、ごきげんようで吉村由美との”関係”について語った
http://hamusoku.com/archives/2613238.html

ちょっとぐらい似ているからって、いちいちガタガタ言うなよ。
とか思ってたけど、見たらメチャメチャ似ててクソワロタw
posted by 都築恭也 at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月15日

停滞温床(低体温症)  

100215_01.jpg
ヤビツ峠 ⇔ 塔ノ岳 往復。

そんな感じで、なんちゃって雪山軽登山。
つか全然「なんちゃって」じゃなかったけど・・・
なんで上下に雲があるんだろうねぇ、ちょっと不思議。

100215_02.jpg
こんな感じで、バリバリ所かカチコチに凍り付いてますよ〜と

100215_03.jpg
雪でいつもよりも高い位置を歩いているのと、上の写真みたく
枝が凍り付いて垂れ下がって来てるんで、ほとんどずーっと藪漕ぎして歩いてる様な状態。もちろん足元は雪なのでアイゼン必須。

登山道も判らなくなってて、前に歩いてる人の足跡信じて歩く様な状態。
たまに前の人が道を間違えてて、違う所へ連れて行かれたり・・・(笑

100215_04.jpg
昼頃に、ちょっとだけ光が差し込みました。
これ以外は、雲の中っつうか、曇りでした

100215_05.jpg
塔太郎、急襲!
って感じで超接近でした。手を伸ばせば鼻先に触れられる距離だったのさ

本日のタイムレコードは、
行き、9:20発で塔ノ岳13:05着
帰り、13:45発でヤビツ峠16:50着でした。
トータルで7時間半

途中、全然違う所へ行ってしまって迷ったのと
雪の影響、藪漕ぎなんかの諸々の影響もあって結構な運動量っつうか
かなりハードな山行でした。でも去年より往復で時間早いんだよなぁ(^^;

なんだかんだで、多少は慣れて来たのかな〜と思いつつ
実際問題、今回も帰りには左膝がオカシクなりはじめてたりして
右膝は逝きやすいのでサポーターしてるんですが、そろそろCW-Xとかサポートタイツ買ってもいいかなと検討中。

ちなみに、寒風に吹かれすぎたのかヤビツ峠まで戻ってきて
車に乗って暖房効かせても全然体が暖まらず、結局家に帰ってきて
風呂入るまで、何となくカタガタ震えるのを我慢して帰ってきた様な感じでした。
ちょっと危険な感じがする・・・^^;
posted by 都築恭也 at 00:28 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月12日

ダンスインザヴァンパイアバンド  



レベッカの「フレンズ」がOPって随分古い曲を引っ張ってきたなぁと思ってしまった・・・
まぁ歌っているのは別の人で、曲もアレンジ入ってるけど

本編の方なんだけど、なんか見せ方が「化物語」に似てるなぁ・・・と思ってたら制作会社が同じで、どっちもシャフトの作品だったので納得してしまいました(笑)

普通のアニメ画像に挟まって写真が入り込んだりとか
パースの切り方が似てるよね。と

後は緩急の付け方かな
セルじゃないけど、描写枚数を減らすのと見せ方の強弱をつける為だと思うんだけど
妙に早い描写(時に、ほとんど知覚できないぐらい早い描写)と、やたらゆっくりな描写(例えば、故事った時に周囲の時間の流れが極端にゆっくりに感じられる様な主観的な描写を含んで)が交互に出てくるんで、判りやすいっつうか独特だよなぁコレと

この描写方法は、これで面白いと思うけどね
金田パースのアレンジ版というか現代版みたいな感じ

所で、OPの映像なんだけど
サビ部分の「Oh,フレンズ〜」でフェンスが壊れて落ちていくのは
ネタなのかなんなのか判らんけど、初めて見た時にスゲー笑ったw


オマケ

reizing.jpg


なんか色々大丈夫なんですかね、この作品。
posted by 都築恭也 at 01:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月09日

ありったけの夢と 僕らの未来をつめ込み あの空の彼方に すぐに飛び立とう  


-space ship goes on- by nice music

レトロ・フューチャーという表現がぴったりの宇宙系ソング
このCDが出てから、もう15年以上経つんだなぁ・・・と思うのと同時に、まだ覚えてて
YouTubeに上げてくれてる人がいることに感謝。

たまに思い出して聞きたくるなるんですよ



さよならじゃない / Something ELse

同じく、ふと思い出して聞きたくなる曲がこれでして
懐かしいというか、確か「進め電波少年」な何かの企画で
カンヅメにさせられて作った曲じゃなかったっけ?

これ聞くと「卒業」ってイメージが僕には強いですね。
posted by 都築恭也 at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月08日

まっ白け・・・  

100207.jpg
日時:2010年 2月 6〜7日
年計:5泊目
場所:青野原キャンプ場

そんな感じで雪中キャンプですよ!
地面がサクサクしてて、これはこれでタノシーw
マットのお陰で特段寒さを感じることもなく、いつも通りの快眠が得られました(笑

つか、3週間ぶりのキャンプでテントで寝るの楽しすぐるw
最近は露天で寝るシチュエーションが多かったからねぇ、たまにはテントもいいもんだ(ぇー

それにしても、撮ってきた写真がことごとく白トビが凄くて見れたもんじゃない^^;
ここいらへん、RAWモードとかデジイチだと違うんだろうなーと思うとちょっと悔しいですが
実際問題デジイチなんて買っても重いしデカいし、持ち歩かなくなるのが判っているので、コンデジで、もうちょいどうにかならんものかなぁと・・・

他に、自分が写ってる写真が1枚あったんですが
見たら、自分のメタボっぷりがヤバ過ぎてとてもじゃないけど載せられないの (ガクブルw

詳細は、めんどっちくなったので丸投げで(ぉ
posted by 都築恭也 at 00:19 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月03日

凄いなオイ・・・  

私の落札価格は53万です……劇場版「なのは」生フィルムがとんでもない値段に
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1002/03/news066.html

エヴァより高値が付いてたのは知ってたけど、ここまでとは・・・
純粋にアニメーターに、これぐらいのロイヤリティが入る方法ってないのかなと

これも、結局売り出してるヤツとか中間業者しか儲かってないんだよなぁ・・・
作品の評価が高いんだから、制作側にも見合った収入があってしかるべきだと思うんだよねぇ
posted by 都築恭也 at 23:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月02日

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st  

nanoha_movie01.jpg
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st


パンフレット売り切れだってよー
「入荷未定」とか、なにそのパンフレット・・・

仕方がないので、代わりにテレカなんぞ購入しました。
そんなわけで劇場版リリカルなのは 見てきました。

やっぱりTV版を見ている人用ってことで
だいぶ駆け足感のあったのは仕方のないことかな

衣装とか、デバイスの扱いが新しくなってて
そこいら辺が見てて楽しかった

基本的に StrikerS の時の衣装をベースに作り直されてたり
魔法エフェクトも一新されてた感じ

デバイスもレイジングハート、バルディッシュ共に StrikerS の影響を受けつつ
この頃はベルカ式カードリッジシステムが無いので若干簡素な感じ

The MOVIE 1st なので 2nd で A's をやってくれると期待!
やっぱりカードリッジロードのカッコ良さは他にないものがあるよねー と

毎回、無印の「なのは」で思うのはクロノがもうちょい出てきてもいいと思うんだよなぁ
ただでさえ数の少ない男の子キャラクタだし、スピンアウト前のGAME本編では主人公格だったんだよ?(笑

アルフも大人形態は久しぶり
無印版では本当に良い忠犬っぷりで凄い好きだなーこのキャラクタ
本気で怒ってる所とか、良い人だよね

淫獣については以下略(ぇーw


で、

なのはさんは相変わらずの鬼人っぷりでした。
バインドで手足の自由を奪って → 全力全開デバインバスター
やっとの思いで防ぎきった無防備状態のフェイトちゃんに追撃のスターライトブレイカー

ちゅどーん・・・

海に並ぶ廃ビル郡全部消滅・・・、辺り一面白い光に・・・

って、どんだけ強い集束砲で追撃してるんだよ!

いやこれ必見ですよ
周囲には申し訳なかったけど本当にフイタw
脳裏にこれがヨギッタのはシカタガナカッタンダ
http://white-t.sakura.ne.jp/sblo_files/white-t/image/nanoha.jpg

機械持ってないけど、とりあえずブルーレイで出たら買おうと思った。

ちなみに、このテレカなんですけど
帰ってきてよく見てみると
nisetereka.jpg

テレカじゃねぇ!(笑

別にどっちでもいいけどさ・・・
posted by 都築恭也 at 00:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月30日

大倉バス停 〜 塔ノ岳 〜 丹沢山 往復。  

100130_01.jpg

100130_02.jpg

100130_03.jpg

100130_05.jpg

100130_04.jpg


大倉バス停 〜 塔ノ岳 〜 丹沢山 往復。

行きが 9:20頃のスタートで12:10頃塔ノ岳通過、丹沢山についたのが13:15ぐらい
13:40に帰りをスタートして16:30には大倉バス停で炭酸ジュース飲んだりして脱力してたのは覚えてる。

とりあえず、今回はペース上げないと僕の体力じゃ往復できない距離だったので
あんま景色を楽しむ余裕がないというか、本当にひたすら行進してた感じ^^;

ちなみに、塔ノ岳山頂付近ではかせさんに遭遇(w
鍋割山登って塔ノ岳登って、その帰りだったらしい・・・ 凄すぎ・・・

帰ってきて、写真見て初めて気づいたけど
丹沢山の方が塔ノ岳より高いのね。
なんか丹沢山の方が風が吹いてないので低い感じがしてました
逆に塔ノ岳は大抵風が吹いてるんで、結構寒いんですよ

丹沢山塊なんて言い方で表現されますけど
実際に丹沢山に登る人は少ないらしいですな

というのも、必ず一度他の山に登って
それから尾根を通ってこないと丹沢山には来れない様で
そういうのが原因で訪れる方が少ないみたいです。

塔ノ岳 〜 丹沢山 の間は本当に人通りも少なくって、ちょっとビビリました。
道も突然悪くなりますし、雰囲気がガラリと変わるんで、これはこれで面白いですけど

神奈川県に30年近く住んでるワケですが
それでも尚、こんな景色が県内にはあったのかと驚く程に人工物の見えない所が多くて
ちょっと驚きでした。

先週、今週と2週続けて同じ所から同じぐらいの時間に出て往復してきましたけど
結構、毎週行ってる方がいる様で、先週も見た覚えのある方がチラホラ(笑)
別に声はかけませんでしたけどね。


100130_06.jpg

100130_07.jpg

100130_08.jpg

100130_09.jpg


ついでなので丹沢山脈界隈で唯一のキャンプ場を見学(笑)
トイレが廃屋寸前の建物なので女性にはお勧めできないかな

場所は一番最後の写真を参考に、右方面へ300mも進めば見えてきます。
反対が塔ノ岳への順路なので間違えようもないと思いますけど・・・
posted by 都築恭也 at 23:20 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月29日

ザ・サード<青の記憶>  

the3rd_s07.jpg
ザ・サード<青の記憶>
著:星野亮
富士見ファンタジア

Bon Voyage. ―― よい旅を。

オビに「ザ・サード再始動」とか書いてあったりして
1年以上も新刊が出てなかったわけですが、やっとこさ新刊発売ですよ。

つか丁度去年に、このザ・サードの新刊が出ない理由とか色々聞く機会があったんで
結果的には、こういう具合に落ち着いたのね・・・。と思ったのは仕方がないことでしょう(笑)

そんなワケで、挿し絵の方が変わりました。

つか、久しぶりすぎて1ヶ月ぐらい気づかなかったよ(ぉぃ
気づいたの、読み終わってからだったし ^^;
でもまぁ、キャラの雰囲気にそんだけ違和感ないっつう事なんだろうなぁ・・・と

んで、内容の方はまたしてもショートストーリー編
相変わらずの荒廃した大地で、過酷な生存競争を繰り広げる世界を舞台に
「なんでもない」日常の話がメイン。

ここ数巻は主人公格である火乃香の視点から外れて、違う人物視点での話が増えてきた感じが強いですが、ここいら辺はもう火乃香の話がどーのこーのっていうよりも、この荒廃した世界観そのものが <ザ・サード> という話そのものなんだなぁ・・・という感じがして実は結構好きだったりw

それにしても
こうも面白い話がよくポンポン出てくるものだなぁ・・・と感心させられることしきりでして

1話目の「跳び魚」のような現象それ自体は、現実世界にはないですけど
きっと似たような時間と場所を限定された不思議な現象ってのは、
それなりに世界中にあるんでしょうし

2話目の「トカゲの神様」に至っては、こういう考え方というか宗教というか、信仰の様なものっていうのは、言葉にはしなくてもちょっとぐらい誰でも持っているものかなとか
とにかくこっちの琴線に触れる、思わずニヤリとしてしまう様な話が多くて、これ読んでると

どっか行きてぇー!(絶叫)

みたいな気分になって仕方ないです^^;
posted by 都築恭也 at 01:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月28日

エンドループ中。  



久しぶりに聞いたら、耳から離れん・・・^^;
posted by 都築恭也 at 21:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月27日

フッ素のチカラを!  

9kakumei.jpg
フッ素革命。使ってみました
まぁ後処理なんで、こんなものかな程度。

つか買ってないんですよね。
ちっと高くて買う気になれる価格じゃなかったので
webから試供品を送ってもらってトランギアの鍋に塗りました(笑)
2度塗りできました(笑)

金属同士がこすれると、フッ素加工が落ちるらしいので
間にパックタオル挟んでるんですけど、どうせ使えば武器がチタン製なんで
数回で落ちるだろうなと

まぁ、無料だったんでイイんですけどね・・・

次にキャンプ行く時は久しぶりにストームクッカーメインで使ってみよう
んで、調子が良かったら製品買っても良いかもしれない

製品買ったら・・・ まずはヘルメットのシールドだな
(↑キャンプ道具関係ない・笑)
posted by 都築恭也 at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月25日

ポリフォニカ アフタースクール終わりました。  

ponica_as.jpg

というワケで、1ヶ月以上放置していたゲームをやり始めて昨夜終わりました。
なんつーか、制作者側に石投げつけてやりたくなりますねコレ

発売してスグに冬野さんが「二時間アニメSP向け」と表現してたのを
あーなるほどなー・・・ と思いながらプレイすることの切なさといったら
文章で表せることが出来ない程だと言えばご理解頂けるかと


どこからどう切っても中途半端な作品だったりして
こんなのを売っちゃいけないと思いました。


もちろん脳裏を横切ったのはアノ台詞しかありません。



ごらんの有様だよ!



わざわざ復活させたイアリティッケの扱いが適当過ぎるのも凄いですが
それ以上に、プールイベントとドーリスラエのイベントの付け足し感といったら
「ねーよ!」としか言いようがない・・・

フォルテラントに至っては、「いたっけ?そんなヤツ???」程度の出番しかなく
なんでわざわざ少ないCG消費してるのか判らんし(しかもCGモードにも出てこない!)

それと共に、参加した前イベントで展示されてた下絵が実は今回追加されたほぼすべてのCGでした。ってのも凄すぎるわ・・・

シナリオも同じ文章が2度3度と出てくるし
途中、いい加減バグってシナリオループしてるんじゃなかろうかと思った程で
そろそろ榊先生は目を覚ますべきだと思うよ。ホント

ストーリーも薄っぺらで
EDに入ってスタッフロール流れた時には

(゚Д゚)ハァ? みたいな・・・

制作者側なら
これで7000円は、おいしいですハアハア(^q^)
とか、そんなAAが脳裏を横切りました。

ビジュアルファンブック以来の地雷だったなぁ・・・
どうせコレも文庫に焼き直すんだろ・・・ 文庫1冊で充分だよ・・・
posted by 都築恭也 at 23:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月25日

塔ノ岳往復。  

100124_01.jpg
という感じで、1ヶ月ぶりの丹沢です
前々からやってみたかった秦野ビジターセンター 〜 塔ノ岳往復をしてきました。

ビジターセンターには前回同様に前の晩に行きまして
同じく東屋で野営してのアプローチとなりました。

知らなかったので驚きましたが
このルートには結構あっちこっち途中に山小屋があったりして
こんなに泊まる人いるのかな〜と不思議に思ったり・・・^^;


100124_02.jpg

こんな感じで、きちんと整備されてて登りやすいと言えば登りやすいルートですね
ただこのルート、通称を「バカ尾根」とも呼ばれてまして延々と頂上まで登りが続きます
写真のような木道より階段の方が多いんですが
石が敷いてあるんで降りる時に膝に来ますねコレ
僕も終盤は膝が痛くなってきて、ちょっと危なかったデス(汗)

しかし、登ってる人達のほとんどが40歳代以上とかで
老人も多いんですけど、こんな所降りて大丈夫なんだろうかと
1000段近く降りるワケで、途中で足腰ダメにならんのだろうか・・・^^;


100124_03.jpg

空が綺麗っすなぁ・・・

登り・・・、キツイんですけどね・・・
市街から離れて、こうやって延々歩いてると
平日の嫌なこととか忘れて必死こいて山道登ってる自分がいたりして
これはこれで楽しいんだよなぁ・・・不思議。

この日は歩き出したのが遅かったのもあって、見晴らしのいい所に付いた頃には水蒸気が登って遠くまで見渡すことが出来なくなってたのが残念。


100124_04.jpg

登り4分の3を消化した辺りでパチリ、
なんか空を飛んでるなぁ・・・と見上げると


100124_05.jpg

バラグライダーやってる人がいたりして
どこいら辺から飛び上がるんでしょうね
そして、どこいら辺に着陸するスペースがあるんだろう

それにしても、青空の中を泳ぐ姿は気持ちよさそうでした。
高い所がダメな僕でも下から見ている分には気持ちよさそうと思えるのも変ですけどね
実際飛んだら、怖くて景色を見る余裕なんてないでしょうがw

まぁ、そんなこんなで登頂には成功。
行きが3時間、帰りが2時間とかそんぐらいでした。

やっぱり時間がかかりすぎな感じがありますね
月イチだとあんまタイムの短縮は望めないのかな・・・

ちなみに頂上は、まだまだ寒くて
丁度お昼頃に到着しましたが、この時の気温でマイナス3度とのこと
実際には山頂ということもあって強風が吹いているので、体感温度はより寒く感じる程。
インシュレーションとして化繊のジャケットを持って行きましたが、結局寒さに負けて昼食もソコソコに逃げるように下山しました。

1200m程上がるとまだまだ寒いようです。
posted by 都築恭也 at 01:44 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月24日

RADIO。  

すまいるさんラジオネタなんてやるから連想で無性にエコーズの ONE WAY RADIO が聞きたくなったりして
ググッて見るものの、あんま見あたらず

かろうじて出てきたのが、LIVE版とか
まぁこれはこれで・・・(笑)



ちなみに家に、SILVER BULLET があったハズなんですけど
もう何年も見あたらなくって紛失した模様
かろうじて当時、外に持ち出すのにダビングしたMDカセットが残ってるんですが
コイツからMP3って簡単にはできそうにないので
(つーか新しい機器買うならCD買った方が安いので^^;)
そのまま放置してたり・・・




こっちは声優さんが歌っているバージョン

歌っているのは、保志総一朗さんと榎本温子さんの二人
これはこれで、やっぱり好きな曲だったりします

二人がこの曲のカバーをするキッカケってのも
二人がDJをやっていたラジオからだったんじゃなかったかなと
つか既にこのバージョンですら発売から10年経ってたりしているのに気づき
時間の流れ早えぇw とか思うワケですハイ
posted by 都築恭也 at 00:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月15日

成人の日とか  

100111_01.jpg

日時:2010年 1月 9〜11日
年計:4泊
場所:青野原キャンプ場

そんな感じで、3泊目と4泊目を消化。
とりあえず今年の目標を40泊ぐらいに抑えめで・・・(抑えとらんw)

今回は、正直あんまやる気がなかったつーか
あんま人と交流せずに一人でマターリと本でも読みつつ・・・とか思っていたわけですハイ。

みんなツイッターとかあっちこっちのブログで「道志の森で」みたいな事を書いていたようだったので、お金もないことだし青野原行こう〜 (=゚ω゚)ノ とか考えて行ったワケですが
(青野原=冬期無料)

ついてみると、ここテント張る余裕有るんですか?(; ゚Д゚)
と思う程の人、ヒト、ひと・・・

出入り口から、連なるテントを眺めつつキャンプ場の奥まで行くと
今度は、ひとり用のテントの群れが・・・

嗚呼、これ絶対知り合いだよ orz
予想通りでした(ワラ

そんなこんなで、出会っちゃったものは仕方ないので予定変更。
yabuさんが居たので丁度気になっていたアイゼンについて相談したり

翌日にはpeak1さんとTETKさんが来るって事だったので、1泊だったのを更に予定変更し
TETKさんに登山について聞きまくりw

peak1さんには、前回会ってから密かにチェックしていた
シートバックを教えて貰い^^;

ひとに色々聞きまくりの連休でした。
何といいますか、ワタクシ人の繋がりに恵まれているようで
アキバ系でもアウトドア系でも非常に良い先輩方に恵まれているんで
知識とか、その他諸々については非常に助かっています。

もっとも、それが沼へのハマり具合に拍車をかけているんですがね・・・

、沼、沼 ・・・


100111_02.jpg
朝方はこんな感じでバリバリでした〜


     ∧_∧
     ( ゚ω゚ ) まっ白に凍りついてるぜー!
 バリバリC□l丶l丶
     /  (   ) やめて!
     (ノ ̄と、 i
        しーJ



ちなみに、TETKさんから話を聞かせて貰っただけでなく
またしてもアルコールストーブを頂きました。
alcoholstove_01.jpg

点火中の画像を撮ってないので判らないですが
集束型(トルネード型)のアルコールストーブ
実は前にブログを見てから、これまた密かに目を付けていたヤツだったんです(苦笑)

alcoholstove_02.jpg
そして2個目(ぉぃぉぃ汗
年末に記事になっていたヤツです
フォーエックスビールの缶自体始めてみました。^^;

gotok.jpg
で、極めつけがゴトクです。
って貰ってばかりじゃん俺! しっかりしろ俺!^^;

MSR_gas.jpg

でもって更に、peak1さんから前回お会いした時に頂いたMSRのガス缶。
前々から欲しい一品だったんですが、貴重な1個を分けて頂きました。多謝!
残念ながら通常入手不可と言うことで^^; 入手ルートは秘密なのねん。

しかし、こうなってくるとMSRのガスストーブが欲しくなってきますな・・・。
って、もう持ってるぢゃん俺。
父親に貸して戻ってこないのですっかり忘れてたよ orz
posted by 都築恭也 at 00:42 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月06日

年越しキャンプの残り物・・・。  

というワケで(?) まともに見える(かどうかは微妙ですが・・・)
写真を2枚張り逃げ

0223.jpg

明るいのは月なんだけど
露光時間長すぎたのか電灯が灯っているように見えてゲンナリw

実際にはもっと綺麗に月光に森全体が照らされているんだけどね。
あの雰囲気はどうやったら映せるんだろう

こうやって色々カメラいぢって写真撮ってると、人間の調光機能は想像以上に優秀なんだなぁ・・・と、あんま関係無いことをブツブツ呟きたくなってきます。^^;

ちなみに、同じ夜なのに
月を入れないだけで、こんなホラーな写真に早変わりw

0225.jpg


B級ホラー映画とかに出てきそうだわ
こんな森でソロキャンプとか怖すぎ・・・。
posted by 都築恭也 at 23:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月04日

最近のお気に入り  

( ゚毒゚)< しんどい。
http://blog.livedoor.jp/dokubutu/

ここ1ヶ月ぐらい見てるんですが
撮り方うまいなーと
ちょっと暗い気がする写真も多いんですがね(笑

なんでもない日常さが出ているのが、感性だなぁと
posted by 都築恭也 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月03日

それはねーよ!  

スノーピークの新製品 ローチェア30 が気になる今日この頃。
とはいえ実用的でないスペックがなんとも言えない味を醸しているのも事実

仕舞寸法で縦幅が101cm ってのは既にローチェアの名前に反していると行っても過言では無かろう(笑) なんかもうどんなに大きくても「コンパクト収納」とか書けば全部解決しそうな勢いですなw

重量も、3.6kg なんでノースイーグルや小川のリラックスアームチェア辺りと比べても 0.5kg 増加とか完全に車キャンプ用なんだろうと予測はつくものの、ファミキャンとして2脚で1kg増加ってやっぱり増えすぎてる気がするぞ!
展開状態だとカッコイイんだけどね、バイクにゃ無理だわな・・・

もう一つ注目したLEDランタン「ほおずき」
Hiモードでのランタイムが単3電池4本で4時間とかランタンとして実用品とは思えんスペックだったりして、何がしたいんだか判らんな、このメーカーは・・・

信者の忠誠心でも試してるのか?^^;
posted by 都築恭也 at 23:43 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月01日

あうぐりおぼなーの。  

100101.jpg
MSR Dragontail

あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします

携帯にメール頂いた方とか、気づいたのが今さっきなので
申し訳ないけど割愛。

本当は、もう1泊するつもりでしたが
風が強すぎて嫌になってしまい結局帰ってきました。

つか、帰ってきたせいか
妙に眠たくなってきたので寝てしまうかも・・・

明日、どっか行こうかな(笑)
posted by 都築恭也 at 19:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月31日

今年最後の  

P1000118.jpg
お焚き上げ
参加者ボシュウ中

年始もあるよ?(笑)
posted by 都築恭也 at 23:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記