2009年08月13日

確かにクソワラタ。  

プリンセスラバー! 第6話 温泉のシーンで女性の胸や局部に明らかに不自然な放送規制が入る
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52002239.html

温泉シーンよりもカイジだろ、この回は・・・w
つかあきらかに遊びすぎてて、スタッフすげーなと本気で感心したよ

今なら、ここから無料で見られます
http://shop.frontierworks.jp/digital/web_anime/detail107.asp
posted by 都築恭也 at 20:03 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月12日

フジヤマさん  

フジヤマさん襲撃計画。
参加者ボシュウ中!

つっても何持って行けばいいんだろうねえ
とりあえず、こんな?

・山靴
・ザック
・ヘッドランプ
・防寒着
・トイレットペーパー
・軽食
・雨具
・手袋
・サングラス
・タオル
・ストック
・水
・ガムテ
・カメラ
・アイロン
・アイロン台


問題は雨具だろうなあ
ジャケットは先日のガントレットジャケットがあるから問題ないんだけど
雨具のズボンってちゃんとしたの持ってないんだよねえ

フィールドラカンかホムセンで上下2980のカッパしか持ってないのよさ!

フィールドラカンは透湿性悪くないんだけど、冬用なので裏地が付いてたりして orz
たぶんヤベエぐらい暑くなりそう・・・そうなるとホムセンカッパになってしまうわけで、当然透湿性なんてマッタク無いのでベンチレーションからの放熱だけが頼りなんだけど、まあ無理だろうなあ(笑


後、水をね
何リットル持って行こうかな
春先のヤビツ〜塔ノ岳〜ヤビツでは3リットルぐらい使った記憶がある
もっとも塔ノ岳頂上でカップメン喰ってるので、その分もあるんだけど^^;
重さ的に問題ないだろうし、また6リットル近く持って行こうかな(ぉ

どうせ登ったんなら頂上で何かやりたいよなあ
なにしようかな・・・

カップメンやりたいんだけど
お湯沸かす道具がね、嵩張るのよね
塔ノ岳ん時はザックの6割がお湯沸かす道具だったし(笑)
posted by 都築恭也 at 22:11 | Comment(14) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月11日

読子さん死亡のお知らせ。  

地震で崩れる?大量の本に埋まり女性死亡
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090811-OYT1T00784.htm

シェスカでも可(ぉぃ

つか、会社員女性(43)って微妙に現実的で泣けてくる。
posted by 都築恭也 at 19:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月05日

そういえば、Sound Catalog その後・・・  

http://sound-catalog.com/

>Sound Catalog 001
>9月初旬完成予定



9月初旬完成予定


( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)


バカじゃねーの?
コミケ終わってからカタログ発売とか誰が買うんだよ! _| ̄|○

しょせん名前だけ持ってきた別物か・・・


(´・ω・`)

(´・ω:;.:...

(´:;....::;.:. :::;.. .....
posted by 都築恭也 at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月05日

こいこい生徒会  

koikoiseitokai01.jpg
こいこい生徒会
著:あらきかなお
電撃コミックス

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡

生徒会が増えすぎた部活を廃部にする漫画(^^;
オビに「恋・・・する?」とか書かれてますが
恋愛とかまったく出てきませんから!(笑)

それにしても部活動とか自由すぎて笑える

koikoiseitokai01_01.jpg

koikoiseitokai01_02.jpg

縞パン部とか男子生徒の夢が詰まりすぎだろJK
レッツトライ.イッツ ミラクル ワールドw
posted by 都築恭也 at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月04日

ARIA The ORIGINATION ORIGINAL SOUND TRACK tre  

ARIA_soundtrack.jpg
ARIA The ORIGINATION ORIGINAL SOUND TRACK tre

ここ数年、CD購入っていうとサントラCDばっかりなんだけど
中でもやっぱりARIAのサントラは良くできてるなぁと思わずにはいられない

基本的に1枚目のサントラのアレンジではあるものの
新曲なんかは基本的にスローな雰囲気の音楽が多いかな

ブックレットの絵のイメージ通りというか
夕日を反射する水面とか、そういうちょっとねむた気な雰囲気のある仕上がり具合。

ボーッとする時とか、聞きたいかも・・・
たぶん高確率で意識飛ぶだろうけどw

湖畔のソロキャンプとかで、コーヒー啜りつつ聞きたいCDかな
posted by 都築恭也 at 02:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月03日

読書の時間よ、芝村くん!2  

dokusyonozikan02.jpg
読書の時間よ、芝村くん!2
著:西村悠
一迅社文庫

読書中。
既出だろうけど
52頁3行目で「痩せすぎ」が「痩せぎす」になっててプギャー
でも、「痩せぎす」の方がなんか語感的に「痩せすぎ」な気がするのはなんだろう・・・

--
はい読了。

にかんめ〜
んー、なんか結構シリアスな話でした。
っていうか話の流れからこれで完結かと思ってたんだけど、違ったようで
もうちょっと引っ張るのね・・・なんかまた変わったのが出てきましたがw
ここいら辺、展開的に商売上手めぇなあとw

それはそうと、ステラさんがね
素敵ですね、

カメのくせにw

なんかよく判らんけど
ステラさんの声は勝手に沢城みゆきボイスで脳内再生されてます
絶対合うと思うんだよねえ

後は、ゆでそばさんの絵がだいぶ変わったかな
表紙絵と頭のカラーでも雰囲気違うし
挿し絵は後半に行くにつれて後藤なおさんみたいな絵に変わってきてる気が・・・

所で、カラーの具合悪すぎじゃね?
なんか物凄い粒子感のある印刷なんですけど・・・
まるで一昔前のプリンタで出力した絵みたいでもったいねーなあ
posted by 都築恭也 at 21:45 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月27日

井川ダム & 阿倍峠  

090726_01.jpg

2週連続で500km超/日とか、マゾですかと
250ccのバイクでやる距離じゃねえなあ・・・ツラカッタ

090726_02.jpg

山の天気は、変わりやすいの〜ってな感じで
太陽出てるのに、スコールみたいな大雨とか降ったり止んだり・・・
結局3回降られました(´・ω・`)

しかも、結構凄い雨量で
道が滝みたいになってたりして・・・

090726_03.jpg

安倍峠は、前から来てみたい場所だったものの機会がなくって全然これなかったんですよねえ
写真の場所はもう山梨県側。

走るなら、山梨県側から静岡県側へ出た方が良いですね。
理由は、山梨県側の方が道が悪い(舗装状態が良くない&落石等のゴミが多い)のと距離が長いので
登るより下る方が神経使うからねえ、しかもゴミが多いんじゃたまらんよ。っと

帰りがけに、梅ヶ島温泉とかイインジャマイカ?!

090726_04.jpg

高度計なんて持ってないので、どれぐらい高いのか判らないけど
雲と同じぐらいの高さまでは登ってたりして、結構高いかも・・・

実は、雲の中を走ったんで
めちゃめちゃガスってて大変だった^^;

帰りは見延町から、富士五湖をそれぞれ通過して道志→246号みたいな
帰ってきたの22時でした。うーん、時間かかりすぎw

本当は、
今週は西湖湖畔キャンプ場にでも行こうかと思ってたんだけど
電話確認したら、バンガロ客がキャンプファイヤーやる予定だと言われたんで回避w
土曜日はついでだったので、オイル交換&プラグ交換したのさ〜

いい加減疲れたので、来週こそ西湖でボケーッとしようかな・・・
posted by 都築恭也 at 00:05 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月20日

本州の最南端で意外な機影を見た。  

090720.jpg

なんかね、予想以上に遠かったワ
特に高速降りてからの遠さは異常。

100kmないはずなんだけどねえ
3時間とかアタリマエ。どこの首都圏かと

結局、家を9時頃出発して潮岬に着いたのが19時前とかそんぐらい^^;
ちなみに、何処にも寄らずにただ走っただけでの時間


まあ、
19時前から設営開始
風が強かったけど、雲行きが怪しかったのでタープも設営。
つーか、ワタシがタープ設営している間に、どんどん他のタープ崩れていっとる^^;

んで、風でバタバタやられながらもタープ設営終了。
ウイング型は風に強いのがイイトコロ〜

つーか、初めてニワカなキャンパー見たんで、ちょっと興奮した(ぉぃぉぃ

タープポールがタープを支える役目を果たしてなくって
風に吹かれてプラプラしてたりして

むしろタープからぶら下がってるのが「タープポール」みたいなw
おお、これか!と凝視してしまいました。

で、毎度のようにごはんの準備。
おコメを水に浸して放置

その間に、お風呂へ行きました。
10kmぐらいあるけど、最寄りの銭湯へ・・・
→帰りに調理がめんどくさくなってコンビニで弁当購入(笑) orz

帰ってきて、駐車場にバイク止めてテントに戻ると
なんか、もや〜っとした白いのがテントの前辺りに見えたんで

あちゃ〜、タープ倒れたんか〜・・・

と、思ったんですが、よく見ると違うんです。タープじゃないんですよ
なんか見たことない白いテントでした。

もうね、正直ちょっとイラっとしったっつーか「えー」みたいな
アフォみたいに広いテント場の人気のマッタクない真ん中に張ったのに(出入りが遠くてメンドイ)
なんで、すぐ横にテント建ててる人がいるの〜(泣

そう思いつつ、近づくと
なんか、この白いテント、フツーじゃないんですよ

090720_02.jpg
なんかね、隅が直角に立ってるとか
普通ありえないでしょ〜(笑

ぐる〜り、と出入り口を見ると・・・
見慣れたサンダル発見 orz

ああ、アンタ ttaさんじゃないですか
なんで、こんな所にいるの・・・ 東北行ったんじゃ・・・

試しに声かけたら、やっぱりttaさんでした。
東北は雨模様だったので止めたらしいです
んー、目的地未定w
posted by 都築恭也 at 22:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月20日

ニートキャンプ場  

P1000070.jpg
ってなわけで新戸キャンプ場
以外にもすいてた。

昨日着いたの午前様だったけど orz
posted by 都築恭也 at 08:55 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月19日

最南端  

P1000069.jpg
湿度高過ぎ
posted by 都築恭也 at 06:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月17日

んー、どうなんでしょうねー(長嶋さん風に・・・)  

ただ今準備中・・・

3連休なので、潮岬まで行ってくるわ ノシ

もう最近は夜でも熱いので、向こうはもっと熱そうだなーと
ちょっと心配

気温的には、平湯キャンプ場辺りが良さそうだけど
とりあえず、今回は最南端証明書を貰いに行ってくるわw

ただまぁ、天気とかちょっと怪しいみたいやね
posted by 都築恭也 at 21:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月15日

煩悩まみれ・・・  

神仏を萌えキャラ化した「萌え看板」で若い男性参拝者が増加…了法寺
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1283889.html

151 : ツメクサ(岡山県):2009/07/14(火) 21:05:12.24 ID:+9943Sge
>>6
ようこそあほう寺へ書いてるな


クソワラタw
posted by 都築恭也 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月15日

鋼のペンギン術師。  

penginsummer.jpg
ペンギン・サマー
著:六塚光
一迅社文庫

日本の夏、ペンギンの夏。

非常に面白い作品でした。
今年読んだ作品の中で上位3位以内には入ると思う程には良かった。

主人公の隆司、その幼なじみのあかり
謎な秘密結社と街で噂の怪人に、地元の伝承クビナシ様
そして、家の前に倒れていた不思議なペンギン・グギギ

それぞれの視点を通して、物語は一つの物語を描いていく
当然各々の登場人物は、すべてを知っているわけではなく
それぞれが自分の思う通りに行動した結果は・・・
とまあそんな感じの、ひと夏のトンチキな物語。

隆司とあかりの青春物語でもなければ、グギギとの友情バナシでもなく
怪人や秘密結社と戦うアクションモノでもなければ、伝承として伝わるクビナシ様の本当の話を追うわけでもない
でも、この本には全部が詰まっている。

全部読み終わった時の「ああそういう事か」という思いと、この清々しい感覚は是非味わって欲しい。こんなに口当たりの良い作品は滅多にないと思う。
posted by 都築恭也 at 01:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月12日

初張りよ〜  

TWINGS01.jpg
MSR-TWINGS(ツインズ)

夏用にと思い涼しそうなのを購入。
色々と迷ったものの結局買ったのはMSRの HUBBA HUBBA と TWINGS とか
またキワモノ(汗)

まぁ HUBBA HUBBA はメジャーですけどね
TWINGSの方はどうやって使ったらいいのか判らんような感じですわな

HUBBA HUBBA は流石にMSRの中では定番と言える商品なだけに完成度が高いですね。一見すると小さく見えるんですが、中に入れば充分と言えるだけのスペースが確保できているのは流石。想像以上の広さと、予想通りの通気性の素晴らしさで、前後の窓を開けておけば外気温とあんま変わらないぐらい冷えてくれますので、夏の暑い日には重宝しそうです。

ただまあ、前室がね。ちょっと足りないやね。
雲行きが怪しい時とかはタープ必要。なんかこうやってると、やっぱドラゴンテイルの完成度の高さが判るかも・・・後は、黄色は虫が寄りやすいみたいです。

もう一個が TWINGS
本当は HUBBA HUBBA の本体を中に入れて使おうと思って購入したんですが
125cmのポールじゃ高さが足りなかったみたいで入りませんでした orz
後は180cmのポールしか持ってないんですけど、これだとちょっと高いよねえ・・・
下がスカスカっていうか、スケスケで、メッシュの本体と相まって隠せてないんじゃないのソレ!みたいなw
そんな事になる気がしてならんのですけど・・・実際の所はどうなのかな・・・

で、こっちも黄色なんで虫が寄りまくり
もうね、言葉に出来ないぐらいヤベェ状態になってたりして
半泣きになりながら虫退治しました。

実際問題、これで使うとすると
虫関係は、どうにかする必要があるよねぃ
どうしたらいいんだろ

後、今回
普通のポール使って建てたけど
先が尖ってると生地突き破りそうで怖いんですが
このテのタープ(?)なんかは、どんなポール使えばいいのか知ってる人がいたら教えて下さい^^;
posted by 都築恭也 at 19:31 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月29日

なんぞこれw  

P1000072.jpg
最近のディスプレイは斬新だな
posted by 都築恭也 at 21:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月29日

あー、もう・・・  

Skinny One でも買うかなー

なんかスゲー気分悪いわ・・・
posted by 都築恭也 at 19:35 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月28日

結局帰りに、雨に降られ・・・  

ってなワケで、今週もキャンプへ・・・ ^^;
来週は用事がある予定なので行かないだろうしイマノウチ
写真なんぞ撮ってこなかったぞオラぁ〜

なんか段々アキバ系のブログからキャンプ系のブログに変わってきてる気がしなくもないけど、ワタシの中では永遠にアキバ系ブログなのですよ?ココ

今回は、2ヶ月ぶりに耐久テストっつうか、今後の装備品テストの為のキャンプ
実は、夏は汗かくから、あんま好きじゃないんだよねえ(駄

そんなもんで、夏用装備もあやしかったのさ・・・

とりあえず、出たり入ったりしてますが
GENTOS EX-777XP は再封印。いつの日にか、さようなら〜(ぉ

後、
ユニフレームのバーナーパット
ブラックダイヤモンドのスポットの2つも封印。
ってなワケでツーリングバックが再びかなり余裕アリアリな状態に

テントは、ここん所
ランブリソロでやってるけど、そろそろ限界かなあ
片側しか開かないので通気性が悪いんだよねえ、結露云々以前に中の気温が上がりすぎw 7月入ったら暑くて寝られないんじゃなかろうか・・・

そんなワケで、次のテントを考えるべきかなあ・・・
一応、アメニティドームSがあるけど、アレはでかいから1泊で使うには負担が大きいんだよねえ

今の所、ハバハバ、スカイレッジ、ナイトヘブン辺りが候補
ブラックダイヤモンドなんかが怪しげなテント色々あってしっかり探したら
オモシロ気なのが多数ありそうな気もするんだけど、どーなんでしょ・・・

後はまあ、現状ランブリソロでキャンプするならタープ必須
前室は靴置くぐらいのスペースしかないからね

今は、ビスタウイングだけど
容量的に割り切れるならペンタでもいいのかも
つーか、たまにはペンタ張った方がいいかも(ぉ
posted by 都築恭也 at 17:51 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月22日

6/20-21  

090621.jpg

この土日で長野県飯田市にある下栗の里へ行ってきた。
春先から行ってみたいと思っていたものの、名前を忘れてしまい悶々としていたら
先日、道志の森でソロキャンしていたときに立ち話したジイ様から偶然名前を聞き出すことが出来たので下調べして早速行った次第。

下栗の里は、40°前後の急斜面にへばり付くように家の建ち並ぶ小さな集落
残念ながら時間と天候の関係からほとんど写真を撮らなかったので、どの程度なのかはGoogle先生をご覧下さいw

1車線しかない道路には脱輪防止のための縁石すらなく
調子に乗ってコースアウトでもした日には文字通り「空が飛べる」程の絶壁具合はまさしく圧巻。よくもまあ、こんな所に住もうと思ったものだと思うのと同時に、日本にもこんな風景があるのかと驚く

標高もそれなりに高いようで
向かいの山に目を向ければ、ほとんど目線と同じ高さに雲が掛かっているのには驚いた^^;

どう表現すればいいのか判らないけど
山時間とでも言うような独特な空気の流れを感じる(気がするw)
なんとなく見ているだけで何も無くても楽しい気がするのが不思議。

ファイナルファンタジーとかファルコムのイース&英雄伝説の極端な高山集落をイメージするとすごく似ている気がする。と思うのは、やっぱりオタクならではの感想でしょうかw


ちなみに、今回は色々都合がつかず
ほとんどタッチ&ゴーで帰ってくることになってしまった。

帰りは、また道志の森でキャンプやって帰宅。
都留までは雨なんぞ降ってなかったのに、42号線に入り
峠に差掛かった途端、ザー・・・ orzギャー

夜、雨の中テント設営とか
どんだけマゾなの?死ぬの?みたいな
しかも朝起きても豪雨だったので、泣きそうでした。

まあ夕方には晴れるでしょ・・・とテントの中で本なんぞよみつつ時間つぶしてたら
「都築さーん?」と誰かが喚んでいる気がする・・・

ふと外を見ると・・・

放置と潟Kォーズの偉い人がおりましたw
こんな雨降りの日に知り合いに会うとも思っていなかったので驚いた。

昨日見なかった所に、いつの間にかMSRの白いタープが見える

テントがランブリソロだった。

なんか白いタープの下に赤いバイクが入ってる。

で、心当たりがあったので近づいたら、案の定。という具合だった模様。
小雨の降る中、少しだけ歓談して「じゃあまたどこかで」と別れを告げたのでした。
posted by 都築恭也 at 20:52 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月21日

テラ大雨さん  

P1000071.jpg
帰るに帰れん
posted by 都築恭也 at 10:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記