2008年04月04日

筋肉痛の影響で もの凄い肩コリに・・・ orz  

いや正確には、この肩コリ自体が筋肉痛なんだけど
スゲー頭くらくらしてくるw

っていうか、なんで上半身ばっかり鍛えてるの俺!
ご利用は計画的に!!

背中にバンテリン塗りたいけど微妙にとどかない orz
posted by 都築恭也 at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月03日

わりと為になったので貼っておく  

やる夫で学ぶ道路特定財源
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-346.html
posted by 都築恭也 at 02:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月03日

きたぞきたぞ!(アポロン風に)  

プール3日目!
わりと泳げるようになった!?

水面で藻掻いているのから多少は進化しました。
とりあえず平泳ぎならだいぶ元に戻った感じ
クロールはまだちょっとあやしい

とりあえず狐さんの話から、水中で息吐いてみてます
鼻から(笑)

いや、なんか
クロールで息継ぎするとメチャクチャ鼻に水が入るんだよね
その防止策に、やってみた。わりといー感じ

距離も1500mぐらいは泳げるようになったけど
単に泳ぎ方を思い出して、水の抵抗が無くなってきただけなんで
肺活量が上がってるとかそういうワケじゃないっポイ

というか、余裕で小学生に負けてます orz
ヤツラ早すぎw

どうでもいいけど、水泳じゃ私の足の筋肉は鍛えられそうにありません
肩から二の腕、ワキバラ辺りだけが
笑っちゃうぐらい筋肉痛

エアロバイク辺りを組み入れた方が良いんだろうか
と検討中
posted by 都築恭也 at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月01日

そういえば・・・  

今日は四月バカの日だったのね
相変わらず月型は凝ってるなあ・・・と思った。

後は「ぱれっと」は今年ないっぽい
去年は「ぱれっとヌードル」とかやってたんだが

冬野さんの言ってるキョウってのは元々なんの作品なのかが判らないのでナントモ
冬コミん時のCDなのか・・・?

所で、3月末日で東急ハンズのポイント失効するの忘れてた。
消耗品ぐらい買っておけばよかった orz
posted by 都築恭也 at 02:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月01日

全身ダルい。  

関係者各位には申し訳ないんだけど

実は、5月の終盤に市民マラソンの駅伝に出る事になってたんだよね
すっかり忘れてた

そんなワケで、体作らないとなぁ・・・と思い
プールに通う事にしました。

とりあえず減量と肺活量UPめざして
1ヶ月ぐらい通おうかと

その後は、フツーに走ればよかろ
続くかが疑問だけど orz

駅伝の距離は5kmらしいんだけど、平均てどれぐらいのタイムなんだろ
20分ぐらいで走れりゃ並かなぁ・・・と思ってるんだけど

そういいつつ、今日は1時間で750mしか泳げなかった(ワラ
運動してなさ過ぎw

後半クロールで25m泳げなかったりして(呼吸が間に合わない^^;)
2ヶ月程度で、そこまで進化できるんだろーか(汗)
posted by 都築恭也 at 01:29 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月30日

実際問題として  

IMG_1431.jpg
※これは秋吉台です

既に結構キオクがあやふやなんですが
やっぱ一応書いておきます

8日目 宮崎ユースホステル〜霧島神宮前ユースホステル
全日程のうち最悪でした(^^;
とりあえず宮崎ユースから昨日辿り着かなかった
えびの市市営露天風呂へ行ったんですが、ナント市営露天風呂潰れてました(ワラ
どうりで電話もかからないはずです(ワラ

その後、比較的近くにある嘉例川駅を見に移動
レトロで良い感じでした。

IMG_1496.jpg
つか人がいなさそうだったらここで一泊しようかと思ってたんだけど
結構駅前に車とか自転車止めて行く町人が多いようで無理っぽいので諦めました(^^;

そんでもって一路方向を桜島方面へ
そんでもって雨(ぉ
いや宮崎ユース出るときから午後には雨降るっていわれてたんで判ってたんですが
微妙な所で降り出してがっくり・・・

結局、霧島神宮前ユースに電話予約して逃げ込む事に・・・
しかし、これが一番の失敗だった・・・

どうも民宿の一部屋をユースとして割り当ててるようで
他にお客さんがいっぱい居るときは、マトモに相手されません(^^;
ご飯の用意はできないので自分で何とかして下さい。と言われました
後、ユース会員に配られる冊子には「ガレージあり」となってますが、ガレージありませんでした。
これが一番大きくて、雨なのでガレージのあるユースへ逃げ込んだわけで、ガレージがないならテントでも良かったわけですよ(><)
しかも宿主一家の態度も悪かったりして、ものスゲくムカついたんで
部屋の中でご飯炊いてやりました(ぉ

9日目 霧島神宮前ユースホステル〜錦江湾サウスロードユースホステル
なんかユースを渡り歩いてるだけのよーな気が・・・(汗)

前日からの雨は降り続けてましたが
霧島神宮前ユースから「とっとと出て行け」的な光線に当てられ、とっとと出て行く事に・・・嗚呼、ワシのバイクびちょびちょで荷物積みたくないなぁ(T-T)

そんなこんなで、天気予報では1日雨って事だったので
宮崎ユースへ逃げ帰る事に(^^;

しかし、峠を一越えしたら
晴れてやがる・・・ '`,、('∀`) '`,、

俺の苦労は一体・・・ orz

とりあえず、宮崎まで戻って海岸線を南下する事にしました。
日南フェニックスロードって名前が付いてるんですね。この道
途中で「鬼の洗濯岩」とか見ました

んで、がんばって距離を伸ばし当日中に佐多岬まで辿り着いたw
と思ったら、佐多岬って17時で閉まるんでやんのw
先端まで行ったらゲートが閉まってて入れず、尻尾巻いて帰る事にw

しかも本当は大泊キャンプ場に泊まるつもりだったんですが
風が強くて断念。つかたぶん、ここ基本的に風が強くてダメだと思う
なにせ道脇に植えられてる植物が風の影響でみんな傾いてるんだよね
これを見ると、年中強風が吹いてるんじゃないかなと思う

でもって錦江湾サウスロードまで30km程後退しました。
ここは当たりだった。感じも部屋の広さも最高でした
つか前日雨が降られた場所から10kmも離れてなくって霧島よりこっちの方が近いんでやんの orz

10日目 錦江湾サウスロードユースホステル〜かいもん山麓ふれあいキャンプ場
午前中に佐多岬をクリアして桜島まで戻り、桜島→鹿児島市内へフェリーで渡り
指宿スカイラインを使って指宿まで移動。つか、ちょー指宿あったけえ(^^;
やっぱ地熱の影響なんでしょうか?

11日目 かいもん山麓ふれあいキャンプ場〜熊本県八代市ビジネスホテル
知覧で特攻隊記念館とか見て回ったり・・・
あんま詳しくないので名前忘れましたが、なんか有名な戦闘機が展示されてるって話でした。記念館の中も見たので、その飛行機も見たんですけど
それより特攻隊員の遺品の方が凄くて、戦闘機の方はあんま記憶にないです(ぉ
「一機必滅」みたいな辞世の句(?)が比較的多かったですね

20歳前後の隊員がもっとも多かったようで、既に私より若い方たちばっかりなんですよね。それに比べて、現代のなんと平和な事かと

なんというか、遺品というものを見るというのは、間接的でも結構クるものがあって
こういうのを小中高と、学ぶ時間に入れるべきなんだろうなと思ってしまう

12日目 熊本県八代市ビジネスホテル〜長崎市内ビジネスホテル(2泊)
嗚呼今度はビジネスホテル泊まり歩いてる orz

熊本で見たかったのは「田原坂」
雨は降る降る 人馬は濡れる 越すに越されぬ 田原坂
と民謡になる程の西南戦争最大の激戦地で、わずか17日間の間に1万人以上の死者を出した所でもあります
今は慰霊碑とか経ってて、周りは畑とのどかな風景になってました。
ちなみに心霊スポットとしても有名らしい(^^;
詳しくはここら辺を参照

その後、天草パールラインをやってフェリーで長崎へ(茂木〜富岡)
天草パールラインは見応えがあるといいますか、引き潮の時にそのすごさが判ります
遠浅の海なので引き潮になると、海底が遠くの方まで見えて
あの風景は日本中でもここだけじゃないかなと

13日目
翌日は天気予報の通り1日雨でした。
午前中は台風並みの豪雨で出られず午後に孔子廟とグラバー園だけ見て終わり

14日目 長崎市内ビジネスホテル〜志高湖キャンプ場(大分)
本土最西端の長崎鼻へ行って最西端証明書を貰い高速を使って大分へ戻りました。本当は平戸へ行く予定だったんですが、あまりに早く長崎鼻をクリアできたのと
昼間にもかかわらず、予想以上に寒かったので暖かい所へ逃げました(笑)

ってわけで、同じ所でキャンプするのは2度目(ここは最初に九州に上陸したときにキャンプした所です)
今度は炊事場の隣にテント設営。風呂は竹瓦温泉へ行きました。入浴料100円(安い!)
ここは温度が高めで私的には良い感じでした。

そんなこんなで、早々にテントへ戻り就寝。

15日目 志高湖キャンプ場〜新門司フェリー港
フェリーに乗って帰る日
つか、朝起きて「ある事件」が発生するまで
今日帰るとは自分でも思ってなかった(^^;

んで、ある事件ってのが、朝起きたら
メシ全部動物に持って行かれてましたw(ワラ

IMG_1691.jpg

その場で食い散らかして、残った分は持って帰った。
って感じで、インスタント麺とか練乳とか現場から姿を消したのも数個あったりして
私は猿かな−、と思ってたんですが、管理人さん曰く
ここいら辺に猿は出たことない。ということだそうで一体なんの動物なんでしょ・・・
つか袋ごと消えてるしよ、手が使える動物なんて猿系しかいないと思うんだが・・・
ちなみにこの日キャンプしてたのは私だけですよ?

そんなこんなで、いきなりメシが底を突いたわけで(笑)
それでもまあ、ファミレスで食事すればいいかなーと思いつつ
温泉巡りにでも・・・と一路テント片付けて別府温泉センターへ
入浴料1050円と別府内でも断トツに高い気がしますが、何だったか風土記にも出てくる由緒正しい温泉場だそうで
泥湯が有名と聞いていたので入りました。

が、

ぬるい!(T-)T
カオが崩れるぐらい、ぬるい!

というか、ぬる過ぎてお湯から出ると寒い!(T-T)
ナニコレ!こんなので1000円も取って許されるとオモッテルノ?!

ものすごくションボリしました。
ものすごくテンション下がりました。

ええ、朝の事といいダブルショックでした。
本当は「ヘビん湯」とか「鍋山の湯」とか梯子しようと思ってましたが
もうこのまま帰ろうと、そう思い、進路をフェリー乗り場へ取ったワケですよ
'`,、('∀`) '`,、

>フェリー(およそ2泊)
べ、べつに、なにもなかったんだからねっ!
起きたら知らない女の子が隣で寝てたりとか、そんなことなかったんだからねっ!!
posted by 都築恭也 at 01:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月27日

なんかもう  

8日目以降書く気がしないんで省略でいい?(ぇー

とりあえず2週間半程旅して判ったのは
面白いのは旅そのものっていうより、その間に出会った人との少しの交流なんだなと
実は8日目以降は、そんなに人との交流がなかったんだよね

とりあえず、長崎で見た孔子廟の影響で
なんか無性に論語とか読みたい気分なので、ちょっと読んでみようかなーと
てか、一応既に何度か読んでるんですが
このテの本は、思い出した頃に何度も再読して味わうものなんだろうなと

所で、この時代の中国人は徳の高い人もいたんだなあと思うんだよね
素直に凄いと思えるんだけど、現代中国は完全にそういうものをどこかに置き忘れてしまったようで
それは日本にも当てはまる事なんだけど

文化が素晴らしいのは認められるけど、素晴らしいのは今のアナタじゃなくて「文化」なんですよ。と
わけて教えてやらねばならんのは滑稽だなと思ったり
posted by 都築恭也 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月27日

とりあえず  

今朝方帰り着きました。
さー、後片付けしなくちゃ・・・
posted by 都築恭也 at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月23日

旅の途中 その3  

持ってきた花粉症の薬を全部使い切ってしまったので超つれー orz

今日・明日は長崎巡り
つか雨らしいのでバイクは出せないっポイ感じ

何枚かUPBBSに載せときましたんで
暇な方はドゾー
http://white-t.sakura.ne.jp/cgi-bin/ecobbs/ecobbs.cgi?page=1
posted by 都築恭也 at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月22日

旅の途中 その2  

なんか死んだ事になってるっポイ!俺!w

つか、何日経ったのか判別つかねー
っていうか、山ん中にいると曜日の感覚とかなくなる

とりあえず、順調に(?)中国地方をクリアして
九州を時計回りに7割ぐらい周った。
今夜は熊本県の八代市だったハズ…

キャンプメインだった筈なのにユース使い過ぎて資金的に厳しいので
残念ながら九州終わったらフェリーで東京へ戻る事になりそう
つか、ぶっちゃけ飽きてきた(ぇー

とりあえず、鹿児島とか既に初夏です
紫外線ジリジリです
桜も咲き始めてます

とりあえず、九州の人は基本的に冷たいです
人間不信に加速がかかりそうです
でも宮崎県の人はあったかかったです(笑)

このページは過去の話は遡らない事にしてるんですが
ダイジェストで書いておきます。

1日目 横浜〜京都
半分はかなり頻繁に走ってる道だったので詰まらなかったかな
一番何もなかった日。浜中湖→海への水の流れる様子は凄かった
水の流れのせいで、何もない所で波が立ってるのがスゲーなあと思った。

2日目 京都〜丸山県民サンビーチキャンプ場(兵庫県)
途中の海岸線で速度超過+追越禁止区域で追越して
どうやらお巡りさんもオーバーテイクしてたらしい(ぇー
捕まったけど、「本来なら一発免停やで!」と勘弁してくれたお巡りさん本当にありがとー

ちなみに、夜にキャンプ場でメシ喰ってたら地元のヤンキーっぽい子がバイクで集まったりして(^^;
何気に仲良くなって一緒に写真撮ったり、わざわざ町まで買出しに行ってくれてインスタント麺とか色々頂きました。
人生なにがあるか判からねーな、と思った
でも本当はやっと米が一合減ったと思ってたのにインスタント麺が4食増えたりして、プラスマイナスで言うと明らかにプラスだったりして、正直そんなバイクに荷物載りません(ぇー
それはともかく、あんちゃん達ありがとー

3日目 丸山県民サンビーチキャンプ場〜広島ユースホステル
夕方に着いたので市内観光とか
原爆ドームとかなんか色々見て周った
残念ながら資料館(だっけ?)は遅くて入れなかった。
後、広島は自転車大国でした。
小学生ぐらいの子も、サラリーマンの人も基本的にみんな自転車移動
つか市内だと車とか必要ないぐらい適度に繁華街と住宅街が離れてる感じ
所でまったく関係ないけど、広島の女の子はみんな美人ばっかりでした。

4日目 広島ユース〜ときわ湖畔北ユースホステル
午前中雨だったので距離が延ばせず、ときわ湖畔北キャンプ場へ行く予定を断念
つか、着いたのが9時だったので、そこからキャンプするのは無理がありそう…
途中で宮島に立ち寄りました。

宮島は厳島神社しかないとおもってたんですが違ったようで(汗)
実は物凄く広かったのね(^^;
ちなみに鹿に襲われたのはお約束(ぉ

5日目 ときわ湖畔北ユース〜菊川自然活用村(山口県)
ウロウロしてたせいで山口県を脱出できなかったりしてw
秋芳洞とか毘沙ノ鼻とか行ってた。

つか、ときわ湖畔北ユースで一緒だったジイ様がなんか凄い人だったようで
『ネパールの山奥で稲作しないか?』と誘われ、興味があったらいつでもどうぞ。と言われた
なんか知らんけど、就職口が一つ見つかった(違
↓この人
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%97%A4%E4%BA%A8_(NPO%E7%90%86%E4%BA%8B%E9%95%B7)

6日目 菊川自然活用村〜志高湖(大分)
やっと九州上陸(ワラ
湖畔のキャンプ場だったんだけど、アヒルだか白鳥だかが
ずーっと鳴きっ放しで煩い。しかも夜になるとカエルが大量発生 orz
極め付けが近くのダムの放水サイレン…
夜中の湖畔で聞くとコワスギル…
やったことないけど「サイレン」ってPS2のホラーゲームを思い出した。

7日目 志高湖〜宮崎ユースホステル
やまなみハイウェイとか山ん中走ってた
本当はえびの市市営露天風呂に併設されてる宿舎に泊まるつもりだったんだけど
辿り着かなくって、宮崎まで引き返すことに(^^;
もうこれが大正解で、宮崎のユースは県庁のハス向かいとか立地的にもサイコー
ユースに紹介されて行った食事処「鳥の里」がまた素晴らしいお店でした。
でもってカウンターで隣同士になったスイス人と意気投合w
つか彼もユースに泊まってたらしく、色々話しました。
その内、スイス人と見慣れない人間(俺)という異色の組み合わせに店内が変に盛り上がり
頼んでないのに、何処からともなくトマト貰ったり、小鉢貰ったり色々しました。
最後に隣のカウンターに座ってたおっちゃんに焼酎までボトルで貰ったりして、宮崎凄い良い所かもしれねー

というか、これも知事の効果っぽい
県外の人に楽しんで貰って、気持ちよくお金落としてもらおう
というのが結構浸透している感じがした。お店からも人からも

以下、長くなったので
一旦切ります
posted by 都築恭也 at 00:08 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月12日

旅の途中 その1  

京都市内まで来た
結構時間かかるなぁ…やっぱ1日での移動は300〜350Kmぐらいがいい所なのかも
予定の2/3程度しか進まなかった(^^;

この様子だと本州脱出まで3日ぐらいかかりそう ( ;´Д`)

距離的に明日は広島市内かな
段々テント広げるのがメンドクサクなってきた(ぉ
posted by 都築恭也 at 00:56 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月11日

旅に出ます  

ちょっと出かけてくるわ ノシ

1週間〜10日ぐらいかな
でもたぶん結果的に2週間とかなりそうな気も・・・

ノートPC持って出るんで
どっかで更新できると良いんだけど
どうなるかさっぱり判らん

たぶん、きっと
人生で一番長い旅行・・・。
posted by 都築恭也 at 01:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月08日

いつの間にか出てた。  



っポイ!25

著:やまざき貴子
花とゆめ

こんなに待ってた作品もない!
24巻から2,3年経ってます

てっきりもう出ないんじゃ・・・と思ってました。
丁度、23,24巻ぐらいで作者さんと出版社側でゴタゴタがあったようで
後から始まったZEROの方が先に終わるし
連載止まってるに違いないと勝手に思ってたんですが、違ったようで失礼しましたー。

とりあえず2年ブランクがあるせいか、24巻と見比べても絵柄が変わってます
サガミとヒナキの区別が付きにくくなってきました(^^;

内容の方は、まだ受験続行中
コイツラは何年受験してるんでしょう(笑)

読み始めた頃は、同じ年だったんだけど
気づくと30が見え始めている俺(;´Д`)
posted by 都築恭也 at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月06日

花粉症ハジマタ  

今年は2月に入っても全然花粉飛んでなくて、ラクショーとか思ってたんですが
今週ぐらいから極端に酷くなってきた気がスル
花粉症用の薬飲んでるんでそこまで酷くはないけど
くしゃみと鼻ミズはそれなりに出るんで結構嫌だなあ

後、目と喉が物凄い反応して腫れ上がるんで、毎日カゼ引いてるみたいな感じ
これでも薬のおかげで学生時代よりはだいぶマシになったんだだけど

つか、不思議なモンで
立ってたりすると比較的鼻も詰りにくいんですが
横になるとスグ鼻づまりが起こって寝苦しくて仕方NEEEEEEEEEEEEE!!

おかげで毎年
この時期は、何時間寝ても快眠した気になれない
posted by 都築恭也 at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月04日

準備中。  



とりあえずツーリングマップル買ってきた
九州へ行く予定。

一応、自走で中国地方から九州→九州一周→フェリーで四国へ
四国半周ぐらい→徳島からフェリーで和歌山→紀伊半島半周
フェリーで渥美半島通過→帰宅

とか、そんな感じ
いままで移動するのが目的みたいなツーリングばっかりだったんで
今回は観光と移動がせめて半々ぐらいにはなるようにしたいかなと
宮島、しまなみ海道、熊野本宮大社ぐらいはしっかり見たいと思ってる
逆にオススメがあれば教えて欲しい風味

特に、しまなみ海道が天気次第で違うと思うので
行きがけに広島側からアプローチするのか、復路で四国側からやるのか悩む所
ついでに道後温泉も見てみたいけど、余裕あるだろか・・・
九州は無料有料問わず温泉が多いので、これも楽しみかも

逆に、怖いなあと思うのが
静岡通過と大阪市街通過、後積雪

静岡は横断するルートが2つ3つしかないので、どれも物凄く込むんだよね
大阪市街は、運転具合がやっぱ気になってしまう(^^;

積雪はいまだに日本海側はほぼ毎日降ってるようなんで
山口県の一部と、福岡で心配。阿蘇山周りとかも平気なんだろか

どうでもいいが、こんなに真面目にツーリングの準備してるの初めてなんで
自分でもちょっと驚いてる(笑)

いつも計画から実行まで4時間ぐらいだったから・・・
posted by 都築恭也 at 03:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月01日

うーん、、、  

ニート期間がそろそろ終わるので
最後に長距離ツーリングに行ってこようかと思ってるんだけど
行きたい所まで「無理」しないで行こうとすると往路だけで5日もかかったりして、これは一体どうすれば・・・(汗)
一応、7〜10日ぐらいの予定を考えてたんだけど、行きだけでそんなかかったらヘタすると14日ぐらいかかってしまう(^^;
しかも雨の日は動かないつもりなんで、14日もあれば1度は降られるだろうし、余計に日数かかるハズ

往路、無理すりゃ3日ぐらいでいけないこともないけど
そうすると、また観光とか端折る事になるんだよね、それがなー
ちょっとなー、と

あーちなみに
ほぼ全日テント泊を考えてる

関東から出ると無料のキャンプ地って多いから楽そうだわ
イザとなったらゲリラでも(^^;

追伸

2chのバイク板で調べたら
みんな大抵、2日とかで行ってた。
妖怪すぐる orz

1日平均500Kmぐらいらしい
300Kmぐらいで考えてた・・・
地方に行けば行くほど車の数が少なくなるから距離が伸びるのは判ってるんだが
毎日そんな距離走れるんだろーか・・・
posted by 都築恭也 at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月26日

確定申告なんぞ  

行ってきた。
初めてだったんで、右も左も判らず・・・って感じだったんですが
わりとさっくり片付いた。

つっても、自分のと親父のと二つあった上に
アフォみたいに並んでたんで30〜40分ぐらいかかったけど
posted by 都築恭也 at 22:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月26日

魔なる京に骸は塵ぬ  

 

塵骸魔京
著:海法紀光
ファミ通文庫

とか、
ゲーム版と小説版の両方読み終わった。

特にゲームの方は、イグニスルートしかやってないまま長いこと放置してたんで(つーか、放置して持ってたことすら忘れかけてたんだけど・汗)やっと全部終わったので一安心(?)

小説版の方は、良かったんだか悪かったんだか判別つかない作品でした。
デキの話じゃなくて、ストーリーがなんですけど

でもまー牧本さんルートだったんで何も問題はないのです
牧本さんはゲーム版から気になってましたが、まさか攻略できないとは
知りませんでした。なにげに一番ショックでした(^^;

んで、小説のストーリーは
暗くならなかったので悪くはなかったけど、もっと違う可能性もあったんじゃなかったかなー、とも思わなくもない内容でした。
ただやっぱ思うのは、ゲーム版で牧本ルート欲しかったなあ、と

つか、尻切れトンボなんだよねゲーム版は
いかにも途中でバッサリ削りました。って感じの仕上がりなんで
後年「完全版」が出るのを割と祈ってます。

アラも多いけど、なんか妙に気になる作品なんだよな昔から
まあすっかり忘れてたんで、嘘っぽいですが(ぉ

後、小説版の挿絵をしている
なまにくATK氏は結構色んな所で名前を見かける方で
この人が参加している作品で外れを引いたことは少ない気がスル
んで、ATKって読み方「アタック」だと思ってたんだけど「あったかい」の略らしい(笑)


所で、積みゲーが
後、中途半端に攻略して放置してるゲームが少なくとも3本
まったく手が着いてなくて、ビニール被ったままのが4本もあるという
事実が恐ろしい。

そして、調べたら
コイツラ売ってもたいした金額にならないのが更に恐ろしい
こんだけ放置するなら後で中古で買えば・・・(汗
posted by 都築恭也 at 03:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月24日

現実逃避中…  

灼眼のシャナII見直してみたりして、
小説で読んでるはずなんだけど、あいだ空きすぎて内容すっかり忘れてるんで
前作より面白い(^^;

近衛史菜はずーっとアニメのオリジナルキャラだと思ってた。
いや、今も小説でこんなキャラクタいたかあんま覚えてないんだけど(汗)

所で、この勢い
どこで区切るんだろう…
posted by 都築恭也 at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月21日

フルメタル・パニックは死にました。  



せまるニック・オブ・タイム

著:賀東招二
富士見ファンタジア

後残り1巻らしい・・・
ネタバレ対策に、以下反転


どこから書き出せばいいのか判らなくなってくるんだけど
とりあえずフルメタルパニックってのはこんな作品だったかなあ、と思った。
なんつーか人が安易に死に過ぎじゃなかろうかと

序盤のテイストと今のテイストがだいぶ違うんだよな
書き始めて10年ぐらい経ってるから、作者も最初の頃から読んでる読者も10歳年取ってるわけで
年喰えば、その分キビし目の話でもついてこられるってのは判るんだけど

今、小中学生の子とかが読んだら、後半になるにつれて読むのキツい気がするんだよね

今巻なんか、ほとんど1冊クルツの死亡フラグ立てて殺すまでを書いてるようなモンで
クルツとマオが合体した辺りで「ああ、もうすぐクルツ死ぬんだなあ」ってのが判ってしまうのは正直どうかと
予定調和っぽい感じで、なんか納得できないんだよなぁ

戦争モノの‘お約束’をやってるだけなのは判るんだけど
当初、対象年齢が中学生辺りだった作品で、後半に大人的な考え方を入れてリアリティを出す必要はないんじゃなかろうかと思った。

別にクルツ殺したからどーの・・・ってんじゃなくて
明らかに、対象が中高生辺りからオタクにシフトしてるのが気に入らないんだよな。
まぁ最初から読んでた人たち向けという意味で理解はできるんだけど
裏を返すと、それ以外の低年齢層を置き去りにしてるんだよね

ぶっちゃけ、今U局系のTVでアニメ版のフルメタやってるけど
テレビ見て気になって買った人だと、今の話の展開にはついてこられないと思うんだよねテレビで流れてる多少ご都合主義的な面のある話とギャップがありすぎて
でもアレが「フルメタル・パニック」の最初だったんだよなあ

こういうのを見ちゃうと
スレイヤーズって作品は、物凄く良いタイミングで終わったんだなあという感じがしてくる。読んでた大半の人が小中高ぐらいで収まってるんで、この年代の子が読んでも違和感とかそういうのを感じないと思うんだよね。最初から本作りのルールが一定に保たれてた感じで



所で、話が変わるけど
猫ピカー!!が凄い好きだ!(笑)
posted by 都築恭也 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記