2007年08月20日

だいぶ遅くなりました。  


嗚呼、光量が足りてないっ!(汗)


某日の酒宴に参加した方はお疲れ様でした。
なんか色々貰えました (//▽//)〜♪

-euphoria-の方は、頂いた方の名前出していいのか判らないので伏せておきます(^^;
ヤフオクで、結構な金額になってるんで苦労もせずに貰ったとか判明すると大変なことになりそうなんで… ガクガク

とりあえずポニカファンブックの痛い出費分はこれだけで十分取り返せてると思いました。本当にありがとうございました。

一方、支倉センセの方は日付だけ伏せれば可って事だったんで、こんな感じで↑丁度隣に座っていたのでせびってサインを頂きました。
でも、支倉センセに自分で本買わせてサイン書かせてる安眠練タンはやっぱ凄いと思った。
つか、一人始めるとバラバラと文庫が出てくる辺り、みんなちゃんと準備してたんじゃんかよー(笑)と
もっとも、私も便乗派なんで人の事言えませんが^^;
posted by 都築恭也 at 04:10 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月18日

あん時ってのが、どの時なのかが判らない…  

いや某所の自己紹介蘭に書かれている内容の話。
つか、やっぱワタシはいぢられキャラなのでしょうか???

それはさておき、
今日は再就職支援プログラムの方の飲み会でした。
凄かったですヨ、平均年齢30歳超えてるハズなんですが、下手な大学の飲み会サークルよりよっぽど盛り上がっちゃっいまして、居酒屋のお兄ちゃんに怒られました<ぉぃ

2次会のカラオケも、たぶん人前であんな叫んだのは演劇の舞台を除けば初めてだったんじゃないかな。今まで全員あんま喋らない感じでほとんど初対面だったんですが、あんだけ盛り上がれるのは異状だったような気がします。もっとも来週になったら元に戻ってそうですけど(^^;

つか、もうノドが痛くて明日が普通に喋れるのかすら不安なんですけど(というかその前に遊んでないで、ちゃんと勉強しろよ!って感じなんですが…)

3年少し行ってた会社でも、こんな風にハメを外す事なんて無かったのに、ほぼ初対面の人同士でこんだけ盛り上がれるって事にお酒の偉大さと、人の出会いの不思議さを感じます。
posted by 都築恭也 at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月13日

出たんだぜ…  



という訳で、2泊3日で万座の辺りをぐるぐると…
行った時は、あんま涼しくないなー、とか思ってましたが
帰ってきて始めて向うは涼しかったんだなと理解できました(^^;

山ん中はやっぱリッタークラスのバイクばっかりで、250のスクーターじゃちょっと肩身の狭い感じがしました(汗)
いつか欲しいなぁ、リッターバイク…

写真は滋賀草津道路の渋峠の物
今回のツーリングの目的の一番がコレだったんですが、
朝すぎてモロ逆光なので暗くてなんだか…な写真になっちゃってます

本当はバイクと絡めて写真を撮りたかったんですけど
他に撮ってる人がいたので、めんどくさくなって止めてしまいました(ぉ

昼頃、やっぱ撮ろうかなー
と思い帰り際に寄ったら人が多くてとてもじゃないけど
そんな余裕ありませんでした(笑)

こーゆー失敗が自分らしいなぁ…と
しみじみ思ってしまったワタシは負け組み




んで、海ノ口駅(ぇー

なんか、あっちこっち周って
一通り見終わっても、まだ16時頃で時間に余裕があったので
つい出来心でナビで距離検索した所、100km程度だったので「なんだ、余裕じゃんー」とか思い逝ってしまいました。んで、実際にかかった時間は往路が約3時間半 _| ̄|○

駅着いたのが夜の20時ぐらいで、写真撮った後に
ゆ〜ぷる木崎湖で風呂入って21時過ぎに出発。
復路は2時間半程でした

ちなみに、題名の意味は
復路で国道147号を使ったんですが、これが民家が前後10Km以上無い山ん中の荒れ果てた1車線道路だったんですけど、そこで3回ほど…(以下お察し下さい

いや、気づいた時には叫び放題でしたけどね
もっとも誰も助けてくれませんが…
posted by 都築恭也 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月11日

きゃー  



神曲奏界ポリフォニカ ビジュアルファンブック


あー、やっちゃったー。って思ってしまいました(^^;
完全にソフトバンク的商売って感じで基本的に小説の表紙と巻頭カラーのイラストを集めただけのシロモノです。一応描き下ろしが4点ありますけど

まぁ普通なら買わなくていいかなーという感じですね(;;
1,500円ぐらいだったら出してもいいけど、2,500円は知ってたら出せないかなー、と

コーティカルテが大きい絵で見られたので (゚ε゚)キニシナイ!(泣

所で、コレ見てて気づいたんだけどポリ赤描いてる神奈月昇さんってcatwalkの人だったのね。いや、ゲームの原画やってるのは気づいてたんだけどさ。某氏がなんでTV版のスタッフしてるのか接点が全然見出せなかったんだけど、やっと今頃判ったよーな気がする(遅すぎ・汗)


そういや話し飛ぶけど、今年のコミケって来週だったのね。ちょっと驚いた。てっきり今週末だと思ってたんだけど…。
ちなみに、今の所逝く予定はない方向で。
食指の動くのがないんじゃよー
『もしらば』のドラマCD再販するつったら絶対に行くんだがなぁ…
もう完全に次回作の『さくらシュトラッセ』に変わっちゃってる



んで、明日辺りから本当に出かけてきまつ
いまだ何泊するか未定ですが(笑)
posted by 都築恭也 at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月10日

行き当たりばったりの旅。  

今週末からお盆休みに突入すると昨日になってから気づいたりして(汗)
ちょっと遅すぎなんですが、どっか行こうかなー、と

あんま予定は立ててないのですが、今の所
嬬恋村辺りに寝床を確保して2泊か3泊ぐらいで周辺をうろうろしたいなぁ…とか

今回は主に、温泉巡りって感じでやりたいんですが
渋滞の具合が判らないのが怖いかな
山道だと横をすり抜けるってワケにも行かなくなってきますし

でも嬬恋村だと木崎湖までは微妙に遠いんだよ(笑)
いや、テントごと移動すりゃいいだけなんですけどね
キャンプ場なんだし

清酒 「おねてぃ」が気になるんですが、なんか高いよーな気ガスル
後、ワタシ日本酒は純米酒じゃないと飲めないんですが、
これはどうなんだか…
posted by 都築恭也 at 00:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月08日

真夏の夜のナイトメア  



著:三雲岳斗

電撃文庫

んー、なんか何話してもネタバレなんですが
気にせず書いてしまうので、気になる方は読んでからで

今巻で、今までの最大勢力だった加賀篝が結構イイヤツだったなぁ・・ってな感じに変わっちゃいました。というか、本当におつかれ様でした。
いや、彼もまた次巻以降出てきて欲しいと純粋に思ってますけどね。

とりあえず量産機が出てきたので大体作品の終盤に差し掛かったんだなぁ…っていう妙な実感がありますね。何気に7巻8巻とシビアな話が続いているので、次辺りは完全に横道にそれた話が欲しいなぁ・・とか思うんですけど、正直展開的にかなり無理があるんで、このままラストに向けてつっぱしるしかないんだろうなー、とも

後は、あとがきに製作秘話(?)が載ってたりして、こういう話は非常に好きなので読んでてとても面白いです。

所で、イラストを描かれている和狸さんは操緒の描き込みだけ毎回妙に凝ってる気がするんですが、私の気のせいでしょうか?(笑)
posted by 都築恭也 at 02:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年08月05日

よく晴れた青空の下で…  



ARIA ORIGINAL SOUNDTRACK


1ヶ月ほど前から、つい最近までTV版のARIAを見ていたら洗脳されて購入。作品自体はAQUAの頃から知ってたんですけどね。ずっと見てなかったので…

ARIAがTV化されるって話になった頃から敬遠し始めて、久しく見なくなってました。どうにも一般的にあんま知られてない作品がTV化すると本編の方がオカシクなるんで、避けるようになっちゃうんですよねぇ

話し飛ぶけどD・N・ANGELなんて11巻以降全然出てないしなぁ…
まぁそれはそれとして、

TV版の方は、本編での話が行ったり来たりしている状態で
ちょっと「?」な感じ

でも作品の雰囲気に物凄く拘ってるってのがよく判って
非常に完成度の高い作品だったかな

音楽も基本的に電子音なしでやってる所が、雰囲気作りに大きく貢献している気がします。天気の良い日に外で聞きながらゆったりしたい曲ばかりで、なんというか「気づいたら流れていた」的な、さりげなさで誰かに聞かせたい曲が多いかな。

1枚目と2枚目の両方を一気買いしたんですケド、なんか2枚目の方が酷評されている気がしますね。私は実は2枚目から聞いてしまったせいか、そんな悪くなったとは思えないんですけどね。

というか、個人的には2枚目の方が好き(笑)




ARIA The NATURAL ORIGINAL SOUNDTRACK due
posted by 都築恭也 at 02:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月03日

その 秒速 5センチメートルを…  



新海氏は天才だなー、と毎回思わさせられる
でも今回は前2作以上に凄かった。

どことなく懐かしくて、不思議な作品でした。

そしてちょっと心に痛い作品でもありました。たぶん、みんなどっかで経験しているような、過去の自分がほんの少しだけ垣間見える所と、もう戻れない現実とがソレの原因なんじゃないかな

しかしまぁ最後の『秒速5センチメートル』はキタネェよ!と叫びたくなるような巧い演出だったんじゃないでしょうか。
歌がね、歌詞が凄いマッチしていた気がしました。
当然、1話と2話の『桜花抄』『コスモナウト』があってこそ、なんですけど

行間というか、映像と映像の間からを見ている側が描き出せずにはいられない。そういう演出方法が凄い巧いなと


そして、映像得点の監督インタビューは必見

あー、そう言われてみれば… とか
なるほどねぇ… とか
凄い素直に、そう感じられるし

実際見ていた自分が感じていたモノを、そのまま言葉として語っているようにすら聞こえる辺りに、監督が表現したかったことが十分描けているんだろうなという印象が伺えました。

インタビューとか、毎回結構結構フーンって感じなんですケド
今回のは、かなり濃い話が聞けた気がしたかな。
posted by 都築恭也 at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月03日

ああ、たぶん死んだな… と思った瞬間。  

今回のは、あんまり面白い話でもない上に不謹慎な部分があるような気もするので初めて標準で伏せておきます。
読み終わって気分が色んな意味で悪くなっても責任持てないので自信のない方や自称「正義の味方」または「常識者」な方々は今日の更新は「なかった」事にしておいて頂ければと思います。

つっても、読まなきゃ判らんので何の解決にもなってないのですが…
とりあえず全部自己責任で!(便利な言葉だ^^;)

続きを読む
posted by 都築恭也 at 02:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月25日

だらだら日記。  

今月は日記が少なかったなぁ…
と思っていたが、見返してみると今日のぶんを入れて6回なので割とフツーな感じの模様。
一応、最低週一回で4,5回がここ数ヶ月のベースなんで
まぁ、9日のが1回にカウントするのがビミョーですが(^^;

それにしても今日は暑かったですね〜、
って後2時間もすれば日がまた昇りますが…
なんで週末に限って天気があんまよくないんでしょうね。出かけたいなーと思ってるんで、天気が優れないと出足をくじかれた感じであんま気が乗らないんですケド(←物凄い気分屋なので・汗)

最近さっぱりカラダ動かしてないので
とりあえず比較的近所な山にでも登りに行きたいなー、と思っとります
他には、キャンプツーとかも。
長野辺りを1泊か2泊で、やっぱ山の方中心で

後、ちと関係ないけど
親が白川郷へ行きたいと行っているので多分夏中に行くと思います。

なんか山ん中ばっかりですね
つか夏に白川郷ってある意味状況良すぎるんですがw
色々違う観光客が多そうで、オラわくわくしてきt(以下略…


そういえば、海ってもう10年以上行ってないなー
posted by 都築恭也 at 03:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月21日

雨あがりには…  

ガッコの方々とお酒飲んでみたりした。

「方々」つっても私含めて4人なんで
人数的にはたいしたこと無いんですが、バックボーンとか価値観とか色々違うんだけど、同じプログラムを選んでる時点で似たもの同士なんだなと思う所が多々

「ほんのちょっとだけ」とか言いつつ4時間も喋ってました(笑)
今年の目標である「交友関係を広げる」ってのがミョーな所から新展開を迎えていることだけは事実(^^;


そういえば
2月頃に買ったPSP版「ルーツ」がやっと先日終わりました(遅ッ!
新キャラの文月が一番良い味出してた気がします。逆に皐月は声が無いほうが良いですね。声が入るとリアルに「これはヒロインじゃあない!」って気がしてきます<ぉぃ!

伏見山は声がゆっくり過ぎ、リサ姐さんは違和感無くあんなものかと

んで、車のミルトは
声が入ってクールビューティな印象が前以上にイイ感じ

後は、Roots編でアノ生歌聞くハメになるとは思わなかった(笑)
posted by 都築恭也 at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月19日

一応生きてますよ更新。  

つか、既に誰も見てないような感じですが<ぉぃ

今は、ガッコ通ってます。
つってもハロワの再就職用支援プログラムなんで全部無料な上に
出席すると手当てまで出たりして、私のようなパラサイトシングルには
非常にラクなシステムですな。
ちょっと申し訳ない。と思ってしまうぐらいには

全部で3ヶ月程度なんですが、多分民間で自費だったら30〜50万ぐらい逝くような内容なんで、何気にドロップアウトはドロップアウトでやってみるものなのかもしれん。とか割と本気で思ってしまいますね。特に中小企業で疑問持ちつつ働いてる方

しかし、一度社会に出てからガッコ通うと
ラクだな〜と感じる反面、モロに自分の今後の就職に直結している実感があるので、勉強してて面白くて仕方ありません。

正直、時間がかなりカツカツで、あんまよそ見している余裕もないんですが、幸か不幸か授業の半分ぐらいは大学時代にやった勉強の話が出てくるので、私個人は割りとラクな模様。
周りの人マジで死んでます(^^;




レゾリューション・ブラック

著:大迫純一
GA文庫

何気にポリ赤よりも安定した作品になっているような気がします。
最近のポニカ商法は、ちとヤバ目というか「そりゃねーだろ?!」的な売り方が多いのでこうやって安心して読める作品ってのは非常にありがたいなと

あんま言いたくないですが
ビギニング・クリムゾンはマジで金返して欲しいと思いました。
ほぼ曲芸商法ですね(いやホントに)

さて内容の方ですが、前巻の終わりをそのまま引き継いだ感じで
ここまで時間差が無いのも珍しいなーと思いました。
逆に新鮮な感じでした。

レオンが完全にレギュラー化した感じがして、今後どうなるのかが非常に楽しみかな。マナガとは違ったアクションでマティアを支えている姿は結構カッコ良いと思うんですけど、他の方はどうでしょう?
(他の方って誰だ?)

所で、最初のカラーページ見るとマナガとレオンは顔の作りが髪型以外全部一緒に見えるんですが、遠い親戚か何かでしょうか?(笑)
posted by 都築恭也 at 01:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月09日

本当にありがとうございました…。  

やる気のないネコ

クソワラタw
posted by 都築恭也 at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月07日

英伝オワタ  

空の軌跡3rd やっとオワタ
総プレイ時間は55時間程度でした。

途中で余計なことしてたんで、10時間ぐらい余計にかかってしまいました(汗)なんか6話辺りが実質の折り返し地点のような感じでしたね

結局、2nd 時の謎は謎のまま残ってしまい
随分と長いインタールードだったなと思ってしまうのは仕方のない事だと

正直、今回は帝国側を舞台に話が進むと思ってたんで
こういう風に1st、2ndの焼き増しで作品作られるとは思いませんでした。
舞台自体を刷新して欲しかった

音楽は、新しいものも多いけど
妙に攻撃的な曲ばかりが多くて個人的にはイクナイ感じ
「風と共に舞う気持ち」とかイイ曲作れるんだからバランスを考えて欲しかった。

とまぁ、なんか批判ばかりですが
反面、ラスボス後の展開は演出がホント感心するぐらい巧くて
特に口火を切ったリシャール大佐とジンさんには大きな拍手を送りたい
流石に年長組コンビだったなと思います。

そしてエステル、ヨシュア、レン周りの話も非常に良かった。
改めて考えてみると確かにそうなんだよなぁ・・と思う部分と、妙に陳腐にならずに済んだ安堵感が大きかったです<ぉぃ
posted by 都築恭也 at 04:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月02日

英雄伝説6 空の軌跡3rd  

狂ったように空の軌跡3rdやってる(^^;

とりあえず第6話まで進んだんだけど、クローゼin白黒学園で攻略の仕方がイマイチ判らんで手こずってる状態。
敵を延々と倒し続けるのマンドクセ ('A`)

一応、ここまでの感想を書いておくと
悪い意味で予想を裏切られた感じな部分があってやや (´・ω・)ショボーン
どっちかっつーと「3rd」っていうよりも
ファンディスク半分の2.5ndって感じ

各キャラクタの過去とか2nd → 3rd の間を埋める話が全体のボリュームの1/3ぐらい占めてるんじゃないかな

予想だけど、たぶんこれで話が終わらないんじゃないかな。4thに続くような気がします。できれば主人公をエステルに戻して欲しいかなぁ…やっぱ1st、2ndと同キャラが主人公だったんで3rdで代わると変な感じがするんだよねぇ…

2ndで出てるキャラクタはオール出演なのは嬉しいけどどうせ使うキャラクタなんか固定されるんで複雑な気持ちも半分。どうせなら分岐路とかでキャラクタが半々に分かれて行動したりするようにすれば全員の存在意義があるだろうに・・・

ちなみに、新キャラだとレンが狂ったように強いですね
尤も装備しだいなんでしょうけど

装飾品に「クリムゾンアイ」「ミラージュリング+」を装備させて魔法砲台として使ってます。大抵一撃で殲滅完了ですよ!(・∀・)

後は、FCから無敵感のあるジンさんヨシュアのコンビ
ヨシュアで全包囲攻撃、ジンさん個別撃破でボスシーンでもありえねー速度で敵が消えていく…。つか他のキャラだと700そこそことかしかダメージ出ないのに、ジンさん一人だけ3000とかプログラム狂ってるんじゃないかとw

そういや3rdからのキャラクタだとリースの声が桑島法子さんだったのが割とツボでした。ハラペコキャラなので戦闘後のセリフ「お腹空いたなぁ・・・」が妙に実感こもってて聞くとニヤニヤしてしまう

あー、そういやリシャール大佐は、まだ使ってねーので使用感が判りません。声も気になりますね。忘れてたけど(ぉ
posted by 都築恭也 at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月25日

あなたの知らない世界。  

WindowsXPをProからMedia Centerに変えてみた。
つか、買ったの去年の夏なんで丸1年ほったらかしてたワケですが…
(^^;

なんかもう画像がエラい変わりました
今まで靄がかかってたんじゃないかと思うぐらいスッキリ表示されるようになりましたよ?まぁこれは単に色んなドライバとか入れて前のOS自体がちとオカシクなってたからかもしれませんケド

後は、解像度が上がりました 1280×1024 → 1680×1050 ってな具合。これは春にディスプレイを買い換えた影響かな。前までは設定とかほとんどいぢってなかったので

ゲームとか余分なものが何も入ってないので、すげーサクサク動く(笑)
あー、俺のPCってこんな早かったんだなぁ…




アリフレロ キス・神話・Good by

著:中村九郎
スーパーダッシュ文庫

読んだけど、内容に脳が追いつかないというか、
文面の認識はできるけど、理解ができない。という感じだろうか

例えば、どこでもいいからテキトーに見開き1ページ開いて読むとする
その中ではとりあえず「そういう場面なんだ」と思いつつ判らないことが多くてもとりあえず受け止めて読み進めることができる。しかし、これを2ページ3ページと読み進めると、ある瞬間に突然自分の脳内にある内容が吹っ飛ばされる。

何を言っているのかわからないと思うが
俺も何が起こっていたのかわからない
催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃ断じてねえ

もうワケが判らなかった。
何が起きたのか、とか
1行前まではどんな内容だった、とか
そんな事より、
なんで自分がこんな本を読んでいるのかすら判らなくなってくる

読み進めている間に何度も
これ、落丁じゃないよね? ね?!
と心のどこかでアラームが鳴っているのは判るんだが、
やっぱり理解できずに読み進めている自分がいる。

読み終わった今なら言えるが、
何か恐ろしいものの片鱗を味わったよーな気がする。

とりあえず、
ワケの判らない文章を書いてる中村九郎もスゲーが、
これにゴーサイン出した出版側が凄すぎる

後、絵は山本ヤマト先生かと思ったが違うらしい
カラーの黒園葵なんかどう見ても山本センセなんだがなぁ…
posted by 都築恭也 at 21:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月19日

エヴァ缶。  



UCC「エヴァ缶」、約10年ぶりの復活

らしいですよ?
というか、察しの良い方は覚えてる&気づいたかもしれませんが、
写真の缶は10年前のヤツです(汗) 当時高校生でしたね。

結構残っているようですね人のこと言えないけど、物持ちいいっスね。つか、もう怖くてこの缶は空けられません(笑)

何気に全部集めるのが大変だったのを覚えてます。
真夏のコンビニを何軒ハシゴしたか・・・(^^;

でも正直な所、エヴァンゲリオンなんて今のティーンエイジャーはほとんど知らないんでしょうから喜ぶのは大体25歳以上の方なんじゃないでしょうかね。しかも、いまだにファンって方はかなり稀有なんじゃないかな
で、どうやらイラストが変わってる模様
こういう所は、ちょっと商売上手いなぁ・・と思う。

更に、
旧缶売れねぇかなぁ・・と思ったんだけど、売れてない様子。
代わりに、こんなの発見!ナニコレw
posted by 都築恭也 at 01:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月17日

メガネ。  



今日はメガネのノーズパットを交換(?)して貰いに

所で
ここ数年、人と会うときはほとんどコンタクトレンズなんでもしかして私がメガネマンだということを知らない人がいたりするのでしょーか?

ちなみに、ノーズパットは駄目になったのではなく
他のサングラスのものが余りに使いづらかったため、交換するネタに使ってしまっただけだったんですが、パッドなしでメガネ屋に持っていったら無料で交換してくれました(^^;

ちょっと悪いことしたなーとw

写真じゃほとんど判らないかもしれませんが、今のメガネは見る人が見ればスグ判るフォーナインズ製。デザインが良いのが多いですが、私のようなキモ面にも平気なのは少ないのがつらい所。

実は買って1週間ぐらいしてから渋谷の直営店へフィッティングの調整に行ったら「壊れているので新品と交換させて下さい」とか言われた一品。普通、買った店を通してお願いします。とか言われそうですが、フォーナインズはその場で交換してくれたりアフターサービスがやたら良くて気に入ってます。

レンズはb.u.i(ビュイ)を使用。こいつは眼精疲労を緩和してくれる特殊なレンズなんですが、正直効いてるのかどうか判りません。
でも、仕事している間はほとんどPC使ってるんで、ありかなーと
レンズが反射してハニカム状のプリズムが出るのは無意味にカッコイイなと思ってますが (それは機能じゃないよ!・笑)


んで、パッドを交換したサングラスはコレ↓



やっぱ暗くて申し訳ないけど、
下手な技術を誤魔化すためにやっているの(嘘)

こいつはフレームがKILLER LOOPで、レンズがKodakの偏光レンズを付けたもの。つか、ぶっちゃけここの商品。

これがもう笑っちゃうぐらい世界変わります(^^;
買った最初の頃は比較対象が無かったので、こんなモンか。と思ってましたが、途中RAYBANのレンズとか使った日にはちゃっちくって仕方なく思えるぐらい見え方に違いがあります。ちょっと試してみて欲しい一品ですね。
posted by 都築恭也 at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月15日

1日終わるのハエー  

関東も入梅だそうで、バイク乗りとしちゃあ、ちょっと嫌な時期になってきました。まぁ夏も冬も一長一短で良いのは秋と春の後半(前半は花粉が飛ぶので不可^^;)ぐらいなんですけど
キャンプツーリング行きたいなぁ・・・



奇跡の仕事術


仕事の仕方に関した本なんですけど、具体的にこうやりなさい。みたいな事が書いてあるんですね。内容自体は非常にマトモで判りやすく、共感も覚えるんですが、実はこの本出版されてから10年以上経ってるんですよ。
そこいら辺がね、なんか滑稽だなと

IT化とか色々言われてますが、「人間」がやってる仕事自体には大した変化が起きてないのだなーとつくづく思わさせられるんですよ。

インターネットとか、ツールであって、それが全てじゃないんだなと

今の世の中って確かに凄い勢いで変化が起きてるんですけど、それって要するに使ってるハードウェアが変化してるんであって、使ってる人間っつうソフトウェアの最適化がされてないと意味ないのね。

毎日仕事してると大抵はルーチンワークになっちゃうんだけど、そこにどうブラッシュアップする手を加えることが出来るか。ってのが大事なんですよ。と全文を通して言ってるんですな

年齢や職種を問わず読んでみて欲しいな。と思う本でした。
もうちょい本の中身が知りたい人はこちらをどうぞ
posted by 都築恭也 at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月13日

職安なんて大っキライだ!  

無職になってからこっち、色々と溜まってる本を崩して行こうと思ってたんですが、ゲームやったりゲームやったり、ゲームやったりで(ぉ
全然積読書が崩せてません(汗)

今日も、そろそろ崩さないとなぁ・・とか思いつつも職安への出頭命令が来ていて読めなかったり・・・

いや、言い訳ですけど ⊂⌒~⊃。Д。)⊃




ゼロの使い魔 11

著:ヤマグチノボル
MF文庫

やばいです。
ルイズママはサイボーグか何かなんじゃないでしょうか(ぉぃw

なんかあんま大きな話ではなかったけれど、軌道修正というか今後のキャラクタの動かし方をある程度変化させるのには丁度いい感じの間だったなと。ちょっと思いました。
つか、やっぱこの人はテキスト巧いっスね。なんでこう楽しませるのが巧いんだろうか。特にショートレンジとロングレンジの使い分けは神の領域ですね。もう一回最初から読み直さないと気づかないような気がするんですよ。サイトの心の変化とか。もう完全に読者としての私が一緒に洗脳されてるからなんですけど(^^;

この作品は、全然終わる気配とかなくってこのまま20巻ぐらいまで余裕で行っちゃいそうな感じがするんで、是非とも頑張って欲しいなと
posted by 都築恭也 at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記