2016年05月17日

Enlightenedequipment 寝袋の話。  

160517_01.jpg


たぶん寝袋って大きくスタイルを買えない限り、まっ先に決まって
以降、真冬用等の買い増しはあっても、早々買い換えたりしない装備だと思うんだよね。

しかしまぁ、そんな装備でも果てしなく買い換え続けて宛のない旅をする阿呆もいるわけでして・・・
結局今はこんなの使ってますよって話。


とはいえ、正直な所

この辺の道具を使っている人&欲しい人って
既に道具が2週・3週している人が殆どで
今更ブログに出したりしないんだろうな〜とか思うと
ちょっと記事的には重たいかも・・・?^^ゞ


.続き読んじゃう?
posted by 都築恭也 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具

2014年04月10日

SOTO Field hopper  

SOTOFieldhopper01.JPG


今更、テーブルを買い足すことになろうとは・・・。


ガッチリ BOZEMAN の影響ですがw
テーブル本体もさることながら、ステッカーが妙にカッコよく見えて買ってしまった^^;






この宣伝映像にやられてしまったのでした。
パカッと開くだけってのは、夜中にキャンプ場着が多いワタシにはありがたいなあ・・・と
こういう出したりしまったりが非常にメンドく感じるモノグサなので、いー感じですね。

ぶっちゃけスノピのオゼンを見た時は、あんなモノに4千円超とか出せねーよ・・・
とか思ってたわけですが、よもや自分が同じような商品を買うことになろうとは^^;



SOTOFieldhopper02.JPG


ただまぁ、ちょっぴりそんな気がしてましたけど
やっぱり対角線上に両手で持たないとプラプラしてしまう模様。

ちなみに、知ってると思うけどサイズはA4用紙と同じ、仕舞もA4をタテに半分に折ったサイズ
大きくもないけど、使い方によっては1つで賄えるサイズじゃないかなと



SOTOFieldhopper03.JPG


ムチャぶりして、ステッカーは失敗しても文句いわないから貼り付けて送ってくれ。と書いたら
ちゃんと貼り付けて送ってくれた上に、予備(?)まで入ってました。
全員が全員に入っているんじゃないんだろうけど、なにか少し得した感が・・・w (//▽//)



【2014NEW】◇SOTO ST-63...

【2014NEW】◇SOTO ST-63...
価格:4,471円(税込、送料別)


.
posted by 都築恭也 at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 道具

2014年03月06日

黄色い三角。  

140306_04.JPG


Sierra Designs Mountain Guide Tarp
シエラデザインズ マウンテン ガイド タープ


なんかちょっと今更感もあるんですが
今期、冬季用に買った幕だったのでちょっとだけインプレ残しておこうかなと






140306_07.JPG


140306_03.JPG


140306_02.JPG




とりあえず、結果から言うと悪くはないけど良くもない。
他にも選択肢はあると思う。ってぐらいね


設営時の大きさは、まぁまぁ好みな大きさですが
仕舞がデカすぎますね。サイズがだいぶ違いますが
メガライトなんかと比べると仕舞寸法が3倍近いのはかなり悩ましい所。


一応、メガライトの不満部分だったスカートがない所を補うべく
スカートありを探して辿り着いたわけですが、


半面、スカートが長すぎるんで、結露が内側を伝って落ちて
濡れたスカート部分が激しく汚れます。


芝生サイトとかならまだ許せるかもしれませんが
土や砂礫なんかだと、必ず帰ってから掃除し直さないとならんのがね・・・。


後、なんで付いているのかわからんのですが
生地の真ん中ぐらいに外部から内部へ貫通してゴム製の輪っかが出ていて
コイツが雨に濡れると内側にポタポタと雨を降らせてくれるんですよ


なんていうか、なんで折角シーム張ってるのにこんな穴を開けてるのか
理解できないんですが、これがまた丁度寝袋置く辺りの上にくるんで
雨の日とか寝る場所に神経使います^^;


まあ、そんな具合で欠点の多いテントなのは事実です
最初の1幕目としてはかなりダメな部類でしょうけど
2幕目以降として、遊ぶ分には問題ないかなと


でも、そんなコト言いつつもやっぱり見た目はカッコいいんですよね
不人気だったのか、あんまり見ないテントなのも個人的には ◎




只今、里親募集中。




posted by 都築恭也 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具

2014年02月27日

Arc'teryx Atom LT フーディ  

140227_01.JPG

Arc'teryx Atom LT Hoodie Jacket

少し前から化繊のジャケットを探してたので

先日、Amazonでやってた Arc'teryx 祭りでちゃっかり購入しましたよ。

そんで着てみたら、なんか予想より暖かかった。って話


.続き読んじゃう?
posted by 都築恭也 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具

2014年02月24日

Canon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM  

140223_01.JPG


Canon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ナニを血迷ったのか、買ってしまった・・・(汗)


まあモチロン撮りたい画があるから買ったんですが、これまたエラいじゃじゃ馬という感じで

ファーストインプレッションとしては
予想以上に暗いレンズと、ほんのチョットで出てくるフレアがかなり扱いづらい感じ



140223_02.JPG


レンズ、デカイよ!

標準のレンズよりかなり大きくなっちゃって

重くなった模様(汗)



140223_03.JPG


これとか、中央に出てるフレアが「え?こんなので出るの?」的な驚きがありつつ^^;

後、仕方ないんだろうけど、やっぱどっか歪んで見える気がするなあ・・・



140223_04.JPG


ぶっちゃけ、標準レンズも殆ど広角側しか使ってなかったので

このレンズ1個で今後はどうにかなるんじゃないかとか思ってたんですが

こんだけ歪んで見えると、ちょっとやっぱ保険に他のレンズ欲しいよなあ

特に明るさ担当で撒餌レンズは今まで以上に手放せなくなりそう^^;


次は、広角の単焦点かな(マチナサイw



 
posted by 都築恭也 at 22:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 道具

2014年02月05日

EXPED FLATVALVE ADAPTOR  

140205_01.jpg

旧版のエクスペッド・ダウンマットに現行のポンプを取り付ける部品
フラットバルブアダプターは旧版の救世主たりえるのか!?

そんな感じなんですが、結果報告から言うと


救世主さまがあらわれたぞー!(笑) \(^o^)/


という感じでして、今まで使ったことがある人なら判ってくれると思いますが
心臓マッサージよろしく激しいポンピングを繰り返しつつもいっこうに膨らまない
という悲観的な状況から大きく解放されました。


使っているスタッフサックの容量が大きいのもあるでしょうが
概ね6回程度のポンピングでマットを完全に膨らませることができるようになりました。
時間にしておよそ1分半程度。


まぁそうは言っても、そうなるまでにそれなりな費用がかかりました。
ポンプになるスタッフサックが必要ですし、欲しければポンプとバルブを繋ぐチューブも別売りで買わなきゃなりません。
まぁチューブはなくても平気そうですけど・・・

幸い(?)過去に買って放置したままのスタッフサックとチューブがあったので
今回は更なる追加費用は要りませんでしたが、普通の人はもうちょいの追加費用が必要かもね^^;

でも新しいダウンマットを買うよりは安いのでいいかなーと思ったり思わなかったり・・・。


ちなみに、写真みて気づいた人もいるかもしれませんが少し多めに買ってみましたので
欲しい方には格安で譲れます。先着2名までですが^^;

値段は、送料(普通郵便)込で1,000円にて。



posted by 都築恭也 at 00:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 道具

2014年02月03日

久しぶりに地雷だった・・・。  

140203_04.jpg


vic2 オリジナルサコッシュ


ヤッテシマッタ。orz ナンテコッタ

少なくとも、現時点では失敗だった。続き読んじゃう?
posted by 都築恭也 at 12:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 道具

2013年12月08日

Come on ! New face !!  

131208_01.JPG



欲しい。欲しい。言ってたら


友人から回ってきました。持つべきものはオトモダチw


嗚呼、やっつけ写真でゴメンナサイ(汗)



.続き読んじゃう?
posted by 都築恭也 at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具

2013年11月11日

結局、こーなるワケで・・・^^;  

77.jpg


除菌スプレー パストリーゼ77

キャンプの時とか、例えばシェラカップとかちょっと水洗いするのメンドイなーって時に
シュシュッと吹きかけてキッチンペーパーで拭くと油が付いてても落とせます。

これからの時期にも、水道水だと冷たくて油が伸びるだけで落とせなかったり
そーゆー時にもいいんじゃないかなと

個人的には、山行で洗えない時に便利かと思い購入。
本当は、ひるがのん時にみーパパさんから教えてもらっただけなんだけど^^;


別に300円ぐらいの安いやつでもいいんだけど
何故にかワザワザ高い方を購入(汗)

作ってる会社が酒造会社らしく醸造用アルコールを使用しているので
除菌スプレーだけど食品に振りかけても可。ってことで

例えば刺身とか生鮮食品に直接噴霧することで保存に効果が期待できたり色々するようで
まあ、コレが原因でお腹イタイになったりはしないかなと

30過ぎのオッサンが何弱いこと言ってるんだって話なんですが(笑)
とりあえず、ものぐさな私のようなヒトにはお薦めな商品。



posted by 都築恭也 at 06:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 道具

2013年11月10日

そろそろ欲しくなってきたでしょう?w  

まだ若干数残ってますよ〜^^;

Windshield1.jpg

Windshield2.jpg

メーカー:Coleman

サイズは、どちらも展開時 550 x 150 cm


収納サイズは

3窓が 60 x 20 cmφ 2.6 kg

1窓が 56 x 10 cmφ 2.4 Kg


値段は

3窓が 9,000円

1窓が 7,500円

送料一律 1,000円

ちなみに残数
3窓が 1コ
1窓が 2コ

でゴザイマス。

嗚呼、不良在庫バンザイ!www orz


追伸。

全部売れました。ありがとうございました





posted by 都築恭也 at 18:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 道具

2013年09月11日

PROTREK PRW-5000-1JF  

130911_01.JPG



世の中には、必要なものと不要なものがありまして

不要なモノなんてのはできる限り持ちたくないと誰もが考えるわけですが

渡世の義理で身につけているなんてものもあるわけでして


そんな中

日常では渡世の義理で

休日にはワリと必要なモノが腕時計だったりするんじゃないかな〜と思ったり思わなかったり・・・



.続き読んじゃう?
posted by 都築恭也 at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具

2013年08月08日

GENTOS EX-547SR  

130807_01.JPG


130807_02.JPG


手持ちのランタンの中で長期ツーリング時に必ず候補に上がってくるのが、このEX547SR。
通称、へぇボタン(笑)

丸い球面を押すと電源オン。もう一度押すと電源オフ。


オンにすると、最初は「あれ、暗い?」と思いますが
暗い状態からジワーっと明るくなっていって大体10秒少々で完全な明るさに

この『最初あんま明るくない』ってのがミソでして、暗い中でいきなり強烈な光源を見ると
自分で目眩ましカマして目が痛くなったりしますが^^;
最初は薄暗い。程度の明るさなので目が痛くならないんですね。

ランタイムも単四3本使用にしては長く、5,6時間は文庫本が読める程度の明るさを保ちます。

真下を照らせるランタンってのはあんま無いんですよね。
ほとんどのランタンが周囲を明るくするのに対して、コイツは半円形を描いて明るくするので
基本的に影になるスポットが発生しないのが素晴らしい所かと

ソロキャンプ時に文庫本読むことが比較的多いので
こういう手合いのランタンじゃないと読みづらいので大変助かります^^;

上から吊り下げた場合。
真下がちゃんと明るい。 ってのは結構重要な事でして、灯のもとで探しものしたりとか
スゲー楽なんですよ。



130807_03.JPG


裏は、フックと磁石の2通り。
大抵のソロテント内で、ほぼ天井ピッタリに張り付けることができますので
部屋の中を大分大きく使えるし邪魔にならないのがウレシイ仕様。



GENTOS(ジェントス) エクスプローラータッチランタン EX−547SR




.
posted by 都築恭也 at 00:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 道具

2013年06月06日

KUSHITANI ベーシックメッシュグローブ  

もうちょっとマメにブログ更新しろよ。と思いつつも
中々重い腰が上がらないわけでして、中でも道具関係の記事は
なんというか『がんばらなきゃ』みたいな気がして、コレまた腰が重いっつーか
インプレッション書かないと、他の人にクソみたいな商品握らせちゃうでしょ…みたいな
妙な使命感があったりなかったり…。

そんな事い言うなら、もちっと持ってるものマメに書きなさいって話なんだけど
やっぱある程度な記事書こうとすると写真は増えるし、細かい話はしたいしで結構重労働な気が…


そんなこんなで、バイク系の道具なので更に需要あるのか?と自問するんですが
どーせウチのブログとか8割型検索でやって来る一見さんだから「ま・いーかな」と


そんな感じで先週、久しぶりにクシタニ直営店へ行って新しいグローブを買ってしまいました。
本来の目的は皮ジーパンの染め直しの依頼だったんですが、見ているうちに…ってことで^^;


130602_01.JPG


130602_02.JPG


KUSHITANI ベーシックメッシュグローブ

なんかリンク先みると最初は8千円だったのかよ。
2千円とか値上げ杉だろ・・・


夏用ってことで、ナニカ新しいグローブ欲しかったので買ってしまった。
つか、我ながら写真がやっつけ過ぎてゴメンナサイ状態www


130602_03.jpg


最初に使ってたのは hit-air Glove G5 とかって奴でした。

大体 5,6年ほど使って大分クタビレてきたので買い換えたんですね
ぶっちゃけ去年の話なんですけどね



130602_04.jpg


GOLDWIN リアルライドプロテクションメッシュグローブ
この写真のヤツは今年のモデルなんで私が持ってるのとは若干デザインが違うんですが、ほぼ同じカタチかなと

でまぁ、当然不満があるから1シーズンで買い替えになったんですが、もう構造上の欠陥だよなコレって感じでして
装着と脱着の為に入っている切込みが大きくて手首のベルクロを止めるとO字型に穴が開いてしまうんですね。
主目的としての転倒時の防御としてなら、この程度は問題にならないレベルなんですが


130602_05.JPG


紫外線からの保護という通常時の視点で見ると思いっきりヌケてて、この部分だけしっかり日焼けしていきます^^;
お陰で(?)手首に妙な楕円形のシミみたいな日焼けが(;´Д`)


去年は、夏の後半まで
何で手首にこんなシミが出来ているのか判らなかったんですが^^;
ロンツーに出てる時に、何気なくグローブ眺めててシミの部分とグローブの開いている部分が一致するんで犯人が判った次第。



130602_06.JPG


以上のような経緯から、今回は
そーゆー事の無いようなグローブにしました。

完全な革手袋ってのも初めてなんですけど、これから慣れてくると多少は握りもラクになるのかなと
中々見た目もいいし、装着感も悪く無いですね。

ぶっちゃけ同じクシタニのGPメッシュグローブと物凄い悩んだんですが
(装着感はGPの方が良かった)

切込みとベルクロがGOLDWINと似てたので回避!^^;
まぁクシタニの方は、そこまで大きな切込みではないので多分平気だと思いますが、今回は避けたいなぁと

ちなみに、流石に日本メーカー!とか思ってましたが
よく見たらメイドイン支那って書いてあって思いっきりぐんにょり orzオワタ
posted by 都築恭也 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具

2013年03月02日

ARC'TERYX ACTO MX HOODY  


ARCTERYX_ACTO_MX_HOODY01.JPG


ARC'TERYX ACTO MX HOODY
アークテリクス/アクト MX フーディ

実は、今年の初めに購入しました
既に3度程実践投入済。


いきなり、結論からいうと

コレ使ったら他のライトシェル使う気にならん!^^;


もうそれ以外にいうことないわ… (゚ω゚)


.
続きを読む
posted by 都築恭也 at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具

2012年11月17日

Quietstove 107  

121117_01.jpg



(^ω^)





.続きを読む
posted by 都築恭也 at 13:47 | Comment(6) | TrackBack(0) | 道具

2012年07月31日

冷たい黒。  

COLDBLACK.JPG


暑くなってきたし〜、ってな感じでアンダーアーマーを買い足しました。
今回は新作(?)の COLDBLACK と毎度のメタルシリーズをチョイス


COLDBLACK は自社開発というワケではないみたいで、スイスのシェラー社って所が開発した素材の模様。元々は自動車用の熱遮断技術だったのを繊維染色に応用して作ったもので他のモノと比べて−5℃の差があると謳ってるみたい

簡単に言うと熱源となる赤外線なんかを
このシャツで反射することによって体温の上昇を防ごうってこと
理屈で言うと、コレ着てハロゲンヒーターの前に立っても反射するから暖かく無いってことだよねw


実際に着て直射日光に当たってる分には、確かにシャツ自身が温まらない感じがするので
日に照らされ続けるなら違うかもね。反対に、日陰部だけど暑いのは他のUAシャツと変わらん感じ
日陰部で暑いのなんとかしたいのはメタルシリーズ買っとけというコトでしょうか^^;


しかし、そうは言っても流石に自動車の断熱技術を応用しているだけあって
「伊藤!よう加藤!!」の−2℃とか言ってるバッタものとは違ってちゃんとした性能差は感じられます


つか、UAのこのシャツより調べてたら COLDBLACK を使ったスーツとかあるみたいで
個人的には、そっちの方が気になったり… ^^;



所で、メタルステルスモック復活しないかなぁ…と
手持ちのが4年ぐらい前ので、本当に限界なんだけど
今年も普通のステルスはあるけど、メタルのステルスで襟付きが欲しいんだよぉぉぉぉ orz








そういえば、肥えたせいか今までMサイズだったのにLサイズにしないと着られなくなりました orz
posted by 都築恭也 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具

2012年07月10日

やわらかな鎧  

FORCEFIELD_01.JPG


FORCEFIELD(フォースフィールド)のプロテクターを買ってみました。
フォースフィールドは欧州連合(EU)における工業製品の安全基準を定めた規定
CE認証を受けたソフトプロテクター

・バックプロテクターは、規格の最高基準「EN1621-2Level 2」をクリア
・胸部プロテクターは、バックプロテクターに摘要される、CE規格「EN1621-2Level 1」テストをクリア
・肩・ひじ部プロテクターもCE規格「EN1621-1 TYPE B」をクリア

という感じで、特にバックプロテクターについては規定の更に半分近くまで衝撃緩和してるし
第三機関による評価がなされているので機能については、まぁ問題ないかなと

CE認証と各プロテクターの衝撃緩和性能について詳しくは、こちら


買ったのは以下の4点

脊椎プロテクター アップグレード・バックインサート 002
ショルダープロテクター アップグレード・アーマー 左右1組
エルボープロテクター アップグレード・アーマー 左右1組
チェストプロテクター CE規格 Lサイズ

最初は、エクストリームハーネス・アドベンチャーみたいなのを考えてたんですが、これだとバイク降りた時とかの脱ぎ着が大変かと思いまして、結局ライダージャケットに付けることのできるモノにしました。
これならプロテクターは1年中付け替えるだけで使いまわせるしね。

今まで付いてたプロテクターは春秋モノのオレンジ色したライダージャケットはちゃんとしたハードプロテクタを付けてるんですが、夏と真冬用のジャケットはタダのウレタンスポンジみたいなヤツだったので
(本当に、付いてるだけマシ or 半袖で走ってないだけマシってレベル)これで少しは安心かなと^^;
ヒザは今まで通りのホンダ製

実は、今乗ってるフォルツァだと
脊椎プロテクターがシートのバックレストに干渉するんで、乗っててちょっと嫌な感じだったので長いこと抜いて使ってたんですが、今回ちと思う所がありまして「やっぱ大事だよなぁ」と



FORCEFIELD_02.JPG


脊椎と胸部プロテクターの裏側はこんな感じ
固めなゴムマットという感じの素材感。通気性はそれなりにちゃんとあります



FORCEFIELD_03.JPG

FORCEFIELD_04.JPG


脊椎プロテクター拡大!
厚みは大体、1.5cmぐらいあります。実際に見ると結構ぶ厚い感じがしますね



FORCEFIELD_05.JPG


かた・ひじ用の裏側。
メッシュ地っぽい感じ

ちなみに、どのプロテクターも最初は
それなりにゴム臭があります。たぶん使っているうちに減ってくると思いますけど
買って3週間ほど経った今でも、まだ小さい密閉した空間に置いておくと匂います^^;

つか、胸部プロテクターの写真撮り忘れてた!w
posted by 都築恭也 at 00:12 | Comment(6) | TrackBack(0) | 道具

2011年12月03日

とーしーのーさーいーごーの、おーかーいーもーの。  

111203_01.JPG



        ( ゚д゚)・・・。


        (つд⊂)ゴシゴシ




111203_02.JPG



        (;゚д゚)・・・。


        (つд⊂)ゴシゴシ




111203_03.jpg



          _, ._
        (;゚ Д゚) …?!
posted by 都築恭也 at 19:31 | TrackBack(0) | 道具

2011年08月29日

黒いタイベック。  

blacktyvek.JPG

Wander-Z さん所の黒タイベックビビィを参考に
黒タイベックシュラフカバーを作りました^^ゞ
参考とは名ばかりの、まるパクリ品なんですがねw

実測で、縦幅 194cm・横幅 102cm
とかなり大きいサイズでカバーの中にマットインして使う予定。
当然用途は登山用で、ツインシスターズで使うためですな。

ジッパーは後先考えずに取り付けたので
普通の片側ジッパーになってしまいました^^;
全部終わってから「コレじゃダメなんじゃね?」と思いましたが
幅広なので別段問題なさそうなので、とりあえずこのままかなー?

まぁLink先の方のように、コレだけで行き倒れスタイルで寝る気はないので
多少適当な作りでも問題ないかなと。特に実用面では

実は、先の雲取山の時に一度買ったままの無改造で持っていったのですが
流石に原寸大だと大きすぎて(横幅が140cmぐらい?)テントからハミ出てしまうので
重い腰を上げてダウンサイズしました。ちなみに始めたら2時間で出来ましたよ…。
腰が上がるのに1年ぐらいかかってる…

機能的には、雲取の時に夜中大雨に降られ、テント内で結露が雨のようにポタリポタリ降ってきて
床は若干川が流れているような、テストとしては最も過酷といえる状態でしたが
特段染みてこなかったので防水に関しては問題なさげ
(まぁ床は流石にもう一枚タイベック敷いてましたけど)

透湿性も、結構汗かいてる感じがしましたが
不思議とジットリ感がなく、少なくともモンベルのブリーズドライテックなんかよりは数段ヨサゲ

買ったままだと350gぐらい
今は実測213gでおよそ140g減量成功しました。

内側から見ると、このソフトタイベックかなり薄そうで
明るいと向こう側がボンヤリ透けて見えるんですよね

なので、養生のためにも
コレだけでの直床使用は避けた方が無難かな

まぁ、元が3千円ぐらいの品で
モンベルの1万超のシュラフカバーと同等かそれ以上の性能叩き出してるんだから
多少寿命が短いのは仕方ないかなーと思ったり

とりあえず30回使えれば、1泊100円なので
頑張ってそれぐらいは使いたいなぁ(笑)セコイw
posted by 都築恭也 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道具

2011年06月26日

Bike Side Tarp.  

110626.JPG

カーサイドタープがあるんだから、バイクサイドタープがあってもいいんぢゃない?!
という感じで、バイクサイドタープここに爆誕!(駄

最低限の寝るためのスペースを確保し、後は可能な限り簡素化することで
ペグダウンは最低限の2ヶ所、わずか3分で完成する寝床屋根が誕生シマシタ。

晴〜小雨での運用でしたら特に問題ないかと思います。
タープの中央を持ち上げるモノがあるとより広くお使い頂けます。


バイクサイドタープのご購入はこちら


嗚呼、
こんな状態で寝れるなら、どこでも寝れる気がする…
posted by 都築恭也 at 20:34 | Comment(11) | TrackBack(0) | 道具